DSC00086

安い早いてウマいの代名詞と言えば、 “餃子の王将” ──。パパッと食べて飲みたい時に便利だよね! 記者もよくお世話になっている。ただ彼氏や彼女と、また女子会なんかに使う店としては、なんか違う。そう、これまでは……。

2016年3月3日、京都市にオープンした “GYOZA OHSHO” はそんな概念をくつがえしてくれる。というかもう、私たちの知る “王将” の影は1ミリもない、超おしゃれな店舗なのだ。まだこんなポテンシャルを秘めていたなんて、さすがは王将だぜ!! さっそく紹介していこう。

・餃子の王将感ゼロ

まずビックリするのが、店の見た目。従来の “餃子の王将” 感ゼロ過ぎて、取材に行った記者もナカナカ店を発見できなかった。内装はウッド調でオシャレな “スペインバルっぽい感じ──” 。店名もローマ字で “OHSHO” って……もはやこれ、王将ちゃいますやん!!

これは会社帰りのOLさんたちの、たまり場になりそうな予感……! Wi-Fiも飛んでるし、モバイル用のサービスコンセントもあるので仕事やネットサーフィンをしながら食事ができそう。「きょうはスタバに行こうかしら、それともOHSHOに行こうかしら」と迷う日も近いぞ。

DSC00108

・メニューもオシャレ過ぎ! 

肝心のメニューも、とにかくオシャレ! 中身がおっちゃんの記者は何を頼んでいいかわからなくて、ドギマギするレベルだ。今回は店員さんの案内に従って “サワークリームと溶かしバターで食べるスープ餃子(480円+税)” と “ケーキのようなふわふわ卵焼き(200円+税)” を注文。

バランス料理研究家が監修したオリジナルメニューなので体にも良さそう。餃子はスッキリとした味わいのスープがイイ感じで、スープにサワークリームやオリーブオイルを溶かす食べ方も新しくかった!! 記者のオススメはサワークリームを溶かして黒コショウをかけるスタイル。卵焼きもその名の通り、フワッフワで優しい味だったよ。 

DSC_0751

・ワインやデザートも豊富

そして嬉しいのが、ワインなどのお酒やデザートメニューが豊富なところ。しかもワインはグラス1杯180円~と、かなりのお手頃価格! これはイイ……‼ 近くにあったらマジで毎日通いたい。先ほどのスープクリーム餃子にもよく合うとのことなので試してみたところ、かなり幸せな気分になれたぞ。

また女子に嬉しいのが “豊富なデザート” 。豆乳きな粉プリン(380円)や黒胡麻バナナ春巻き(280円)、同店限定のジャックダニエルテネシーハニーをかけたバニラアイス(250円)など、よりどりみどりだ。ちなみにジャックダニエルをかけたバニラアイスは香り豊かな大人の味で、かなり美味しかった。

DSC_0749

これまでの “餃子の王将” とはまるで違う “GYOZA OSHO” だが、安い早い旨いは相変わらずだった。女子会にもよし、男子会にもよし、マダム同士のランチにもよし、家族でワイワイ行くもよし。色んな使い方ができそうだ! 従来通りのメニューもあるので、オシャレに王将をキメたい時に利用してみてくれよな!!

・今回ご紹介した店舗の詳細データ

店名 GYOZA OHSHO
住所 京都府京都市中京区両替町通姉小路上ル龍池町430
時間 11:00〜24:00(L/O23:30)、日・祝11:00〜22:00(L/O21:30)
定休日 なし

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

▼オシャレ過ぎるGOZA OSHO!!

DSC00083

DSC00094

DSC00092

DSC00090

▼オリジナルメニューがたくさんあるよ

DSC_0739

DSC_0737

DSC_0732

▼文句なしの美味しさだった “サワークリームと溶かしバターで食べるスープ餃子”

DSC_0758

DSC_0755

▼サワークリームや青じそ、オリーブオイルを好みでかけよう

DSC_0750

▼まるでカステラな卵焼き ごま油をかけて食べる

DSC_0759

DSC_0760

▼ジャックダニエルテネシーハニーをかけたバニラアイスは大人の味

DSC_0763

▼グランドオープン当日、店の前には長蛇の列が! 

超並んでた。

A photo posted by Kinoshita_Masami (@masami_1010) on