IMG_6697

有名な話だからサンドイッチの語源について、ご存じの方は多いことだろう。簡単にいえば、食事の時間も惜しいほどギャンブル好きのサンドイッチ伯爵が、簡単に食べられるサンドイッチをゲームし続けながら食していたことがその由来とされている。

縁もゆかりもないサンドイッチ伯爵に、筆者はあえてお礼を言おう。ありがとうサンドイッチ伯爵! 俺はサンドイッチが大好きです!!  ……と。中でも今回ご紹介する「たまごサンド」は、ある意味で究極の一品。サンドイッチを開発したわけでもない かのギャンブル狂の伯爵に、思わずお礼を言いたくなる程の圧倒的ウマさなのだ。

・お値段はセレブ価格

その店の名はTOM’S SANDWICH(トムスサンドウィッチ)といい、 セレブタウンとして名高い東京は代官山に看板を掲げている。平日のランチ時でも人がごった返すことはない優雅な代官山らしく、明るく清潔感があるお洒落な店構えだ。

IMG_6713

まず最初に断わっておくと、コンビニで1食200~300円のサンドイッチに慣れている人だと、こちらの料理はバカ高く感じるに違いない。問題のたまごサンドは1500円、同店のオリジナルメニュー「ホットコンビーフサンド」は3300円だから、ある意味ケタ外れの価格といえるだろう。だがしかし……。

・値段以上の価値あるウマさ

正直 筆者のようなド庶民にとって、毎日のように食べることは出来ない超高級食だが、それでもこのメニューに1500円払う価値は十分にある! というのも、古今東西さまざまな「たまごサンド」が存在するが、こちらのお店のそれはある意味で「究極のたまごサンド」だからだ

IMG_6705

一般的なサンドイッチと違いこちらでは、分厚いパンをトーストしてあるのが大きな特徴の一つ。たまごサンドはそこに、ふわっふわのオムレツが挟まれている。今回はさらにパワーアップすべく、プラス150円でベーコンを追加トッピングした。

・見た目からウマい

手で持ってかじり付いてもOKだが、一応代官山なので今回はナイフとフォークでいただくことに。さっそく切ってみると……断面! 中はドロドロの液体ではなく、ギリで固体化しているふるふるの状態。もうこの時点でウマいと確信せざるを得ない……!

IMG_6707

食べてみると、やっぱりウマい! てか知ってた!! ザクザクとハードな食感のパンと、天使の二の腕のようにやわらかなオムレツが合わないハズがないッ!! そこに旨味たっぷりのベーコンが加わるのだから、そりゃウマいに決まってる!

・ホットコンビーフサンドも最高

ちなみに、今回は牛肉を数種類のスパイスでコトコト8時間煮込んだ「ホットコンビーフ」も注文したが、こちらも間違いないウマさ。毎日は無理でも、毎月は無理でも、3カ月に1回くらいはお目にかかりたい、ぜいたく激ウマサンドイッチであった。

IMG_6691

店の雰囲気も味も最高だから、興味がある人はぜひ足を運んでもらいたい。その際、筆者のようにオドオドしすぎると田舎者だとバレてしまうぞ。「毎日食べてますけど?」くらいの勢いで、お上品にいただこう。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 TOM’S SANDWICH (トムスサンドウィッチ)
住所 東京都渋谷区猿楽町29-10 ヒルサイドテラスC棟1階
時間 11:30~15:00 / 16:00~18:00(2部は完全予約制)
休日 不定休

Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼代官山のヒルサイドテラスC棟にお店があるぞ。オサレー。
IMG_6714

▼今回は2つ注文。パンの厚さなども調整できる。
IMG_6701

▼たまごサンドにベーコントッピング。もうヤバいでしょ?
IMG_6707

▼ホットコンビーフも、サンドイッチ超えてますわ。
IMG_6703

▼毎日は無理でも、ここぞ! というときにぜひ試してみてくれよな!

たまごサンドの究極系キタ。

A photo posted by PKサンジュン (@p.k.sanjun) on