アフリカ随一の経済を誇ると言われているナイジェリア。しかし今、「魔女」や「黒魔術師」との烙印(らくいん)を押され、家族や地域から拷問を受けたり、殺される子供たちの数が増加しているという。

今回もナイジェリアで、「黒魔術師」だとして家族から捨てられた2歳児が保護された。その姿が写真で公開されたところ、世界に衝撃が走っているようだ。

・8カ月間、ひとりで生きてきた2歳の男の子

ガリガリに痩せ、うつろな目をした裸の子供に、女性が水を飲ませている写真。これは、ナイジェリアの市場をさまよっていた2歳児が保護された場面だ。なんと彼は、家族から「黒魔術師」だと捨てられ、この8カ月間、通行人の残飯を食べながら、ひとりで生きてきたというのである。

・女性が、水と食べ物を与えて男の子を保護

そんな男の子を助けたのは、デンマーク人のアンジャ・リングレン・ローベンさん。アフリカで “魔女狩り” にあう子供たちを守るために NGO団体『アフリカ児童への教育・開発援助基金(African Children’s Aid Education and Development Foundation)』を立ち上げた女性だ。

水と食べ物が与えられた後、男の子はホープと名付けられ、ローベンさんによって保護されることに。団体の Facebook ページによると、駆虫治療と定期的な輸血を受けたホープ君の健康状態は安定し、今では他の子供と遊べるまで回復したそうだ。

ローベンさんは、「彼はまだ何も話そうとしません。でも退院して、他の子供たちと接するようになれば自然と言葉も出てくるでしょう。子供たちは一緒になると強くなれるんです」と話している。

・ナイジェリアで増加する子供たちへの「魔女狩り」

子供たちに「魔女」や「黒魔術師」とのレッテルを貼り、拷問や殺害を行う “魔女狩り”。ホープ君が保護されたナイジェリアのアクワ・イボム州では子供への “魔女狩り” は禁止されているが、未だに大勢の子供たちがこの迷信の犠牲になっていると報じられている。

アフリカの子供たちを保護する団体『セーフ・チャイルド・アフリカ』によると、離婚や死、病気など、家族に不幸が降り掛かったことがキッカケで迫害が始まるパターンが多いのだとか。ナイジェリアでは、霊的な原因で不幸な出来事が起こるとし、子供たちが呪いの力を身につけて災いを起こすと考える人が多いというのだ。

・教会や映画が迷信を後押し。貧困が原因との声も

また教会や映画などが迷信を広め、中には魔女を “退治” しては莫大な報酬を得ている自称牧師も多くいるとのこと。他にも「貧困と無知は切っても切り離せない」と、根深い貧困を指摘する声もある。ちなみにナイジェリアでは、1日1ドル以下で生活する貧困層が人口の約70%を占めているという。

今回ホープ君の写真が公開されたところ、2日間で世界中から100万ドル(約1億1000万円)もの寄付がローベンさんの団体に集まったそうだ。彼女は「このお金でホープ君を守るだけでなく、より多くの子供を助けることが出来る」と述べているのだった。

参照元:IndependentCNNSafe Child AFRICA(英語)FacebookJICA
執筆:小千谷サチ

▼ローベンさんに保護されたホープ君

▼今では体調も安定しているとのこと