1

古より続いてきた、犬派と猫派の戦い。これまで当サイトでも、「猫の飼い主の方が、犬の飼い主よりも賢い」、「犬派男性の方が、猫派男性よりも高収入」など様々な “争いの模様” をお伝えしてきた。

今回、またしても「犬の飼い主の方が、猫の飼い主よりも幸せ度が高い」との調査結果が発表されたのだとか。するとネット上では「そんなこと気にしない!」などツッコミの嵐が吹き荒れることに……。

・犬の飼い主の方が、よりポジティブで社交的?

この度、米マンハッタンヴィル・カレッジの研究チームが、19才〜68才の男女263人を対象に、動物の飼育、性格、幸福度などに関するオンライン調査を行ったという。

すると「動物を飼っている人」の方が、「飼っていない人」よりも、生活満足度が高いことが判明。そして「犬の飼い主」の方が「猫の飼い主」よりも、幸福度、生活満足度、ポジティブな気持ち、他者との同調性、社交性が高く、逆にネガティブな気持ちや神経質な傾向が低いとの結果が出たのだとか。

2

・なぜ犬と猫の飼い主で違いが出るのか?

では、なぜ犬の飼い主と猫の飼い主の間で、このような違いが出るのだろうか? 元々、上記のような傾向のある人が犬を飼いやすいのか、それとも、犬が人の性格を変えるのだろうか? そんな疑問に対して、今回の調査を行ったキャサリン・ジェイコブス・バオさんは、こう答えているという。

「確かなことは言えませんが、両方の影響があると思われます。どの動物を飼うか、その人の性格が影響します。しかし人の性格は流動的なものなので、他者やペットとの関わり方でも変わってくるはずです」 

1

・みんな「犬派 vs 猫派」論争にはウンザリ?

さてこの調査結果に対して、人々はどう思っているのだろう? ネット上を見ると、なんだか “犬 vs 猫論争” にウンザリしている人が多く見られたぞ。

「動物を本当に気にかけている人なら、どんな動物を飼っていようが関係ないよ!」
「えーと、犬と猫の両方を飼っている場合はどうすればいいのかな?」
「私は猫を3匹飼っているけれど、とっても幸せよ!」
「まあ犬は散歩が必須だから、飼い主は嫌でも社交的にならなきゃいけないかもね」
「もう猫派と犬派を比べるのはやめようよ」
「社交的なのが、良いことだとは限らない」
「犬派と猫派をケンカさせないでくれ!」
「馬と人間を比べるくらい無意味だ」

などなど、犬派と猫派を区切るような意見は、あまり見受けられなかったのだった。

私(筆者)も、犬派 vs 猫派論争を楽しみつつも、 疑問視する人々の気持ちはよく分かる。なぜなら、動物の種類だけでなく、動物とどう出会うか、どう接するかなど、その他の多くのことにも、人間の性格や人生観がよく現れている気がするからだ。あなたはどう思うだろうか?

参照元:Mail OnlineCnetBAO Poster(PDF)(英語)
執筆:小千谷サチ
Photo:RocketNews24.