子供の頃は、誰でも歌手やタレント、スポーツ選手といった自分のアイドルがいるものだ。そんな、憧れの人のファッションなどを真似したりしたことがある人は、結構いるのではないだろうか。

それは世界のどこでも同じようで、プロサッカー選手のリオネル・メッシを真似た「手作り感漂いすぎるユニフォームを着た少年がキュートすぎる!」と、ネットで話題を呼んでいる。そして、少年の写真を目にしたメッシ本人にも熱い想いが通じたのか、心温まる展開に発展したというのだ!!

・アフガニスタン人の少年がメッシ・ユニフォームを手作り!

リオネル・メッシは、プロサッカーチームのFCバルセロナに属する選手だ。チームのユニフォームはいろんなバージョンがあるが、縦縞がデザインに最も多く起用されているようだ。

そこで、メッシの大ファンだという、アフガニスタンに住む5歳のムルタザ・アフマディ君のために、少年の兄が、メッシ・ユニフォームを手作りすることに!

おそらく、手元にあった白と水色の縦縞柄のポリ袋が、FCバルセロナのユニフォームのいちデザインを思わせたのだろう。少年の兄は、ポリ袋を2枚つなげたものに、マジックペンでメッシの名前と彼の背番号「10」を書き込み、なんちゃってユニフォームを作成したのだ。

・FCバルセロナが少年の夢を叶えようと動き出す!

こうして、メチャクチャ手作り感満載なユニフォームを身に着けたムルタザ君は、早速サッカーボールを持ち出して、サッカーの練習を開始。雪が降り積もるなか寒さをもろともず、ほっぺを真っ赤にしながら練習に励む少年がキュートすぎる!!

そんな少年の姿を収めた写真がネットで拡散し、メッシ本人にも、ポリ袋のユニフォームに身を包んだ少年の情報が耳に入ることとなったのだ。すると、メッシがTwitterに少年の写真を投稿し、彼とFCバルセロナが、少年との面会を実現しようと動き出したのである!

・少年とメッシの面会が実現することに!!

その結果、チームとメッシはAFF(アフガニスタン・サッカー協会)に「ムルタザ君と面会したい」と連絡を取り、ついに、少年は憧れのサッカー選手と対面することになったのだ! 

さらにAFFのはからいで、カーブルのサッカー競技場に招かれた少年は、FCバルセロナのユニフォームをプレゼントされてサッカーの練習にいそしんでいたという。今のところ、いつ、どこでメッシと少年の面会が行われるのか詳細は不明だそうだ。

普通だったら出会うことのない二人が、ネットの力で引き合わされて少年の夢が叶うとは、まさに現代のおとぎ話である。メッシとの対面を機に、さらにムルタザ君のサッカー熱に拍車がかかりそうだ。

参照元:TwitterThe Telegraphas(英語)
執筆:Nekolas

▼ポリ袋製のメッシ・ユニフォームでサッカーの練習をする少年

▼ほっぺを真っ赤にしながら練習に励む少年が可愛い!