IMG_4972

ブームはいったん落ち着き、もはやすっかり定着した感もある香菜ことパクチー。パクチー大好き人間、通称「パクチニスト」にとっては嬉しい限りだが、セレブ系コンビニエンスストア・ナチュラルローソンから、パクチーをふんだんに使用した『タイ風シュリンプまん』が発売されたのでご紹介したい。

このタイ風シュリンプまん、具材には国産パクチーを、生地には乾燥パクチーを練り込んであるというから「パクチーまん」といっても過言ではあるまい。というわけで、黒帯パクチニストの筆者が、どんだけパクパクしているのか実際に食べてみることにした。

・ゴリゴリのパクチー推し

2016年2月2日から発売された、ナチュラルローソンのタイ風シュリンプまん。価格は1つ税込178円だ。これまで同店からは「グリーンカレーまん」や「バジル香るガパオまん」なども販売されているから、“アジア系中華まん” 自体は目新しいものではない。

IMG_4964

ただ、今や大人気食材のひとつとなったパクチーをたっぷり使用しているとなれば話は別。おそらくここまでパクチーをゴリ押ししている中華まんは史上初だから、パクチニストとしては見過ごすわけにはいかない。

というわけで、近所のナチュラルローソンで、タイ風シュリンプまんをゲット! 中華まんのスチーマー上部にもデカデカと『タイ風シュリンプまん』と書かれていたから、否(いや)でも期待値は上昇して行く……。

IMG_4965

・食べてみた

他の中華まんと比べて、一回り小ぶりに見えるタイ風シュリンプまんだが、具の充実度はヤバい。プリップリのエビがゴロゴロ入っているから、他の中華まんよりコスパはいいだろう。

IMG_4975

一口食べてみると、そのエビがプリプリ! そして細かく刻まれた くわいがシャキシャキ!! うむ……ええがな! と思ったが、パクチーの風味自体は期待していたほど強くはない。理由は簡単で、パクチー自体が熱を通すと香りが急激に弱くなるからである。

IMG_4979

もちろんパクチーの風味はするにはする。……が、生パクチーを10とした場合、タイ風シュリンプまんのパクチー指数は5~6といったところだろう。もちろん味自体はいいので中華まんとしてのレベルは高いが、口が生パクチーを想像しているとギャップはあるかもしれない

・今後に期待

とはいえ、日本初のパクチーまんだから、これからの大いなる進化に期待しよう。ナチュラルローソンならきっとやってくれるハズ……。2016年2月2日、パクチー史に新たな歴史が刻み込まれたぞ!

参考リンク:ナチュラルローソン
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼ナチュラルローソンで発売開始になった、タイ風シュリンプまん。
IMG_4964
IMG_4965

▼パクパクした生地だ。
IMG_4972

▼ちょっと小ぶりかな? と思いきや……
IMG_4975

▼具の充実度はヤバい。
IMG_4984

▼エビたっぷりや。
IMG_4979

▼味自体はいいが、パクチー指数は5~6くらいかなぁ?
IMG_5018

▼期待してまっせ、ナチュラルローソンさん!

これはキタか?

A photo posted by PKサンジュン (@p.k.sanjun) on