IMG_4905

かの高名なナポレオンの名言「我がペヤングに不可能の文字はない」はあまりにも有名であるが、そう……ペヤングに不可能はない。おそらく少子化問題も地球温暖化も、きっとペヤングならばどうにかしてくれるハズだ。

それはさておき、2月3日は節分である。ペヤングに全てを捧げるプロのペヤンガーならば常識だろうが、恵方巻き……ならぬ『ペ方巻き』の準備は出来ているだろうか? 「やべえ作り方ど忘れしちゃったよ!」というペヤンガーたちは、ぜひこの記事を見て思い出してほしい。

・ペ方巻きの歴史

ペ方巻きの起源は古い。一説には本能寺の変も、ペ方巻き欲しさに明智光秀が起こした事件だとされているし、シルクロードもペ方巻きを運ぶために作られ、ペルクロードと呼ばれていたことは今や常識である。古(いにしえ)から続く聖なる巻物、それがペ方巻きだ。

IMG_4871

そんなペ方巻きの作り方は至ってシンプル。準備するのはペヤングと海苔だけである。ただしいくつかコツがあるので、そちらも合わせてお伝えしよう。

・「ペ方巻き」のレシピ

【材料】
ペヤング:1つ
海苔: 1枚

【作り方】
1:ペヤングを作る。調理に多少の時間がかかるのでお湯は2分で捨てること。
IMG_4876

2:湯切りしたら、ソースを入れる前に箸で全体的に持ち上げ、余計な水分を飛ばす。
IMG_4879

3:ソースを絡めてペヤングを仕上げる。
IMG_4883

4:海苔を広げ、麺を丁寧にのせていく。
IMG_4886

5:キャベツと肉をのせる。
IMG_4890

6:ふりかけをかける。
IMG_4891

7:巻く。
IMG_4900

以上である! 常に厳かな気持ちを持ち続けることは言うまでもないが、特に湯切りした後の水分飛ばしは重要だ。これをやらないと海苔の上でビチャビチャになってしまい、上手く巻けなくなってしまうぞ。

IMG_4908

あとは今年であれば、南南東の方角を向きながら黙々と食べればOK。きっとペヤング神の絶大なるご利益があるに違いない。プロペヤンガーたちはもちろん、一般のペヤング大好きっ子たちもぜひ試してみてくれよな!

参考リンク:ペヤング
Report:ペヤンガー・サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼ペヤング神に祈りを捧げながら巻こう。
IMG_4895

▼適当な水分があるから、海苔もフィットするぞ。さすがペヤング神である。
IMG_4902

▼味は、ペヤングと海苔の味だ。それ以上でも以下でもない。
IMG_4905

▼切るとこんな感じ。
IMG_4920

▼あとは厳粛な気持ちで、黙々とペ方巻きを食べよう。

ペ方巻は厳かな気持ちになる。

A post shared by P.K.サンジュン (@p.k.sanjun) on