IMG_3228

スイーツといえば、なんとなく女子のイメージがあるのが世の風潮である。「スイーツ男子」なんて言葉もあるにはあるが、いまだにケーキ屋さんに入ってケーキを選ぶのが小っ恥ずかしいという男性は、私(あひるねこ)だけではあるまい。

ところで、隠れスイーツ男子どころか、全男子必食のスイーツが期間限定発売されたことを、あなたは知っているだろうか? そのスイーツの名は『ヴィーナスの乳首』。れっきとしたオーストリアの伝統菓子である。一体どんなスイーツなのか、極めて紳士的にお伝えしたい。

・歴史ある伝統菓子

まず『ヴィーナスの乳首』と聞いて、何か卑猥(ひわい)なものを想像してはいないだろうか。いと愚かなり。そもそも『ヴィーナスの乳首』とは、モーツァルトの故郷であるオーストリア・ザルツブルクの銘菓だ。アカデミー作品賞を受賞した映画『アマデウス』の中にも登場する、歴史あるスイーツなのである。

・魅力的すぎるそのルックス

東京・港区赤坂にあるウィーン菓子の専門店「Neues(ノイエス)」。2016年1月20日、こちらのお店で『ヴィーナスの乳首』が期間限定発売されたとの情報を得たので、さっそく実物を入手してきたぞ。

IMG_3210

値段は税込で1200円とお高めだ。思っていたよりも小さい箱を開けてみると、中にはチョコレートが2つ。何やら薄いピンク色の突起が付いており、どこか柔らかそうでもある。

IMG_3239

あらいいですねー。すごく、すご~く美味しそうなルックスに目が離せない。なんて魅力的なスイーツなんだ。こんなの絶対気持ちいい……いや美味しいに決まってる。私は根源的にこの『ヴィーナスの乳首』を求めていたのではないか、という気すらするではないか。

IMG_3251

あまりにもウマそうで自然と笑みを浮かべてしまう私であった。それでは頂いてみよう。ハムッ……。一口かじると、なめらかなホワイトチョコの中には濃厚なマロンペーストが。ラム酒がたっぷりと使われているようで、その香りが口の中いっぱいに広がり鼻から抜けるようだ。高級感溢れる、ねっとりとした口触りのいいペーストである。

IMG_3265

ああ、ウマすぎる。出来ることなら、永遠にこの『ヴィーナスの乳首』を口の中に感じていたい。軽くかんだり、舌の上で転がしたりしていたい。ゲスの極み的な輩(やから)が意味を履き違えるかもしれないので書いておくが、私はただ味が良くてこう言っているのだ。うん。

・イジリー羽鳥、爆誕

2つあるので、我がボスであるGO羽鳥編集長におすそ分けしよう。どうやら編集長も、『ヴィーナスの乳首』の虜(とりこ)となったらしい。そこまではよかったのだが、その魔性にとらわれたのか、この男はとんでもない行動を取る。

IMG_3273

な、なにーーっ!? ものすごい勢いで『ヴィーナスの乳首』を舐め出したではないか。凄まじい舌テクだ。その動きは、あのイジリー岡田氏の高速ベロを彷彿とさせた。これはもう、イジリー羽鳥とでも呼ぶべきだろう。その詳細は動画「イジリー羽鳥が誕生した決定的瞬間がコレだ!!!」で確認してほしい。

IMG_3276

結局、ピンクの突起が無くなるまで舐め尽くしたイジリー羽鳥。だが、この現象は男なら誰にでも起こり得るように思う。そのくらい、『ヴィーナスの乳首』は魅力的なスイーツなのである。2016年2月15日までの限定販売とのことなので、全男子は今すぐ買いに走ること。以上、解散!

参考リンク:Neues(ノイエス)
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

▼ヴィーナスの乳首 税込1200円
IMG_3210

▼思っていたよりも小さい
IMG_3211

▼開けると薄いピンク色の突起が付いたチョコレートが2つ
IMG_3239

▼あらいいですねー
IMG_3221

IMG_3223

IMG_3235

▼こんなの絶対気持ちいい……いや美味しいに決まってる
IMG_3228

▼自然と笑みを浮かべてしまう私
IMG_3251

▼なめらかなホワイトチョコの中には、ラム酒の効いた濃厚なマロンペースト
IMG_3265

▼イジリー羽鳥、爆誕
IMG_3273

▼見よ、この舌の動きを!
IMG_3272

▼ピンクの突起が無くなるまで舐め尽くした
IMG_3276

▼エスプレッソが欲しくなる味とのこと
IMG_3278

▼全男子必食だ!
IMG_3225

▼中澤記者撮影のベストショット

エロい

A photo posted by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on

▼イジリー羽鳥が誕生した決定的瞬間がコレだ!