2

手軽に乗れる自転車だが、事故などの危険も多い。飲酒、スマホを使用したり、イヤホンを装着しての走行はもちろんダメだが、今回ご紹介する動画に登場する運転の仕方はもーーーーっと NG だ!

なんと1台の自転車が、下りた遮断機を無視して踏切内に侵入したところ……走ってきた電車と激突したのである! だ、だ、大丈夫!? 自転車を運転していた人は無事だったのだろうか……!?

・ポーランドで捉えられた映像

ポーランドの監視カメラが捉えた、動画『Bicyclist collides with Polish high-speed train, survives』。踏切と遮断機、そして道路が映っているのだが、どうやらここの踏切には1本しかバーがないため、遮断機が下りても、完全に道路がふさがれないようだ。

・遮断機を無視した自転車が電車に激突

そこに走ってきた1台の自転車。遮断機が下りているにもかかわらず、開いている部分から踏切に侵入したところ……猛スピードで入ってきた電車と激突! その息が止まるほどの衝撃に、「大丈夫なのか!?」と見ている人は誰もが心配になるだろう。

しかし、電車が走り去った後に、線路わきに横たわる男性の姿が確認できる。そこで動画は、逆方向からのカメラ映像に切り替わり、衝突の瞬間をもう1度再生。電車にぶつかった衝撃で、後ろに吹っ飛ばされる男性の姿が映っているのだった。

・男性は無事。ポーランド国鉄「有益な教訓」

海外メディアによると、この男性は後ろにはね飛ばされたことで、一命をとりとめ、奇跡的に大きな怪我も負わなかったのだとか。コンマ1秒早かったら……と考えるとゾッとしてしまうが、とりあえず無事で何より!

ちなみにこの接触事故で、電車側にもダメージが生じたため、運行を40分間停止することになったそうだ。ポーランド国鉄は「有益な教訓が含まれているから」という理由で今回の動画を公開したようだが、踏切侵入がいかに危険なことか、しかと見させていただきました!

参照元:NY Daily News(英語)YouTube
執筆:小千谷サチ

▼それにしても危ない……