1

デジタルカメラの時代が到来して以来、昔に比べると、写真を現像してアルバムに収めることが少なくなっているように思う。アルバムを引っ張り出して想い出に浸ったり、家族団らんのひと時に、アルバムが登場する機会が減っているかもしれない。

いま人々の想い出を引き出す ‟写真のマジック” を描いた45秒ほどの映像「ifolor GRACE, Christmas commercial」が、感動を呼んでいるので紹介したい。認知症の夫が1枚の写真をきっかけに、「妻とのある夜」を思い出す展開が涙なしでは見られないのだ!

・ある写真をきっかけに認知症の夫が思い出したのは……!?

年老いた夫と妻の固い絆を描いた動画を制作したのは、スイスのフォトアルバムブランド「iFolor」だ。まず動画には、公園のベンチでぼんやりと座っているおじいちゃんが登場。そして、クリスマスプレゼントらしき包みを持ったおばあちゃんが歩み寄り、おじいちゃんにそれを手渡す。

すると、映像が突然レトロなトーンへと変わり、パーティーに現れたブロンド美女が一人の男性に目を留める。どうやら、おじいちゃんとおばあちゃんが、初めて出会った夜のフラッシュバックのようである。

・初めて出会った夜を思い出し、ダンスを踊リだす夫婦

次に、シーンは公園にいる二人へと戻り、なんだか寂し気な表情を浮かべたおばあちゃんの手に、ソっと手を重ね合わせるおじいちゃん。続いて動画は、パーティーで手を握り合い、ダンスを始める若かりし頃の二人のシーンへ切り替わり、その直後に、現在の夫婦が手を取り合い公園でダンスを踊りだすのだ。

こうして、シーンはフラッシュバックと現在が交差し、次に、夫婦が座っていたベンチに置かれたフォトアルバムが映し出される。それは、初めて出会った夜にダンスを踊る二人の写真で、認知症を患っている様子のおじいちゃんが、その写真をきっかけに妻との馴れ初めを思い出したのである。

・素敵な写真はアルバムに!

きっと、おばあちゃんは認知症になったおじいちゃんに、少しでも何か思い出して欲しいとアルバムをプレゼントしたに違いない。もうこの時点で、どうにも目がウルウルしてきて止まらなくなってしまったが、二人の愛がいっぱい詰まったアルバムは、明らかに効果があったようだ。

個人的な話になるが、最近、筆者は大事な家族を亡くし、昔のアルバムを見ながら「こんなこともあったなあ……」とノスタルジックな思いに浸ったばかりだ。それだけに、思い出をまとめた写真アルバムには、何か特別なパワーがあると痛感したばかりである。

参照元:YouTubeMashable(英語)
執筆:Nekolas

▼45秒に愛が一杯詰まった映像に感動!