世界的大物ミュージシャン、ジャスティン・ビーバーさんがテレビ朝日系列のミュージックステーションに出演することは、以前の記事でお伝えした通りだ。そしてつい先ほど、無事にその出演を終えたのでお知らせしたい。

一部では、「ジャスティンやらかしそう」「t.A.T.u.の二の舞いか?」とも言われていただけに、ファンは一安心といったところだろう。

・ノリのいいジャスティン

番組の冒頭、出演者の最後に登場したジャスティン・ビーバーさん。司会のタモリさんに「まだ数時間しか日本に滞在してないけど楽しんでます」と語るなど、リラックスした様子を見せていた。

タモリさんと他のアーティストのトーク中も、おとなしく座り続けるジャスティンさん。AKB48には投げキッスをする仕草を見せたり、「セクシーダネ」と発言するなど、ノリのいいところも見せる。ただ中盤になると若干飽きてきたようで、退屈そうな仕草も見受けられた。

・タモリさんとがっちり握手

そして歌前のトークでは「女心は複雑だね」「日本食では寿司が好きだよ。何かのネタでアレルギーが出て今は食べられないんだけどね」などと語り、最後には自ら手を差し出し、タモリさんとガッチリと握手を交わす展開に。

300人のファンの前で披露した新曲『What Do You Mean』も圧巻のパフォーマンスで、この様子にネットでは以下のような声が挙がっている。

・ネットの声

「いいやつじゃん」
「ノリ良すぎwww」
「ああああジャスティンかっこいいいいいいいいいい」
「ジャスティンしか見えない」
「暇そうなジャスティンも可愛い」
「最高すぎる!」

気取らないでフレンドリーなジャスティンさんは、最後まで笑顔を振りまき続け出演を終えた。ゴシップ的な噂の絶えないジャスティンさんだが、おそらくこの放送を見た多くの人が好印象を受けたことだろう。今後もジャスティン・ビーバーさんの活躍が楽しみである。

参照元:Twitter @bieber_japan
執筆:P.K.サンジュン

▼収録後にはこんなシーンもあったらしい。