2015年11月に起きたパリ同時多発テロの影響もあり、世界各国がテロへの警戒を強めている。2001年に同時多発テロが起きたアメリカも例外ではなく、再び本土で悪夢が起きないよう対策が強化されているようだ。

そんななか、米大統領邸ホワイトハウスに侵入を試みた男が激写され、話題を呼んでいる。星条旗を身にまとい、フェンスを飛び越えようとする男の姿が、なんとも大胆なのである!!

・星条旗を身にまとった男がホワイトハウスに侵入!!

毎年アメリカでは、11月第4木曜日の感謝祭には収穫を祝うため、家族や親戚が集まり、七面鳥の丸焼きなどのご馳走を食べるのが習わしだ。もちろん、この日はオバマ大統領も、ホワイトハウスでミシェル夫人と二人の子供達と感謝祭を祝っていた。

しかし、大統領が家族団らんのひと時を過ごしている時、ホワイトハウスの外では、ある男が怪しげな行動を取っていたのである!

・フェンスを飛び越える侵入手口が大胆すぎる!

ホワイトハウス北側フェンスの周りで、数人の観光客が建造物を眺めていると、星条旗を身にまとった男が現れ、手にはバインダーのようなものを抱えていたという。目撃者の話では、男は深呼吸をしながら「よし! やるぞ!!」とつぶやくと、バインダーを口にくわえてフェンスを飛び越えたというのだ!

その周辺にいた人達は何事かと騒然となったが、飛んで来たセキュリティにより、男はあっけなく取り押さえられたとのこと。

・過去にもホワイトハウスの柵を越えようとした男が!

男が侵入を試みた後、ホワイトハウスは警戒態勢を敷いたが2時間後には解除された。だがなぜ、男が大統領邸に忍び込もうとしたのか目的は明らかにされていない。2014年9月にも、元軍人がフェンスを乗り越える事件が発生し、シークレットサービスによって剣先の柵が取り付けられたにもかかわらず、今回の侵入劇が起きてしまったようだ。

イスラム国が、アメリカへのテロ攻撃を匂わせる動画を公開している。それだけにホワイトハウスは、フェンスを柵ではなくコンクリートの壁などにして、セキュリティを強化する必要があるのではないだろうか。

参照元:TwitterMashableCBC News(英語)
執筆:Nekolas

▼こちらが、ホワイトハウスに侵入しようとしている男の写真だ。大胆すぎる!!