soba8
フライドポテト+日本そばという斬新な組み合わせでネットの話題をかっさらったポテそば。以前の記事でポテそばが東京に上陸した旨をお伝えしたが、発祥の地は大阪十三の駅構内にあるそば屋『阪急そば若菜』である。

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。大阪ならではの発想から生まれたこのそばを本場で味わうべく、私(中澤)は大阪に飛んだ。いや~楽しみだなあ。……と思いきや! そこで私を待ち受けていたのは、ポテそばを超えるメニューだった!!

・気になるメニューばかり

このお店は、十三駅の中腹にある。そして訪れてビックリ! 店の外観には「どて焼きそば」「オムライス丼」「わらじかつ丼」など、どれも気になるメニューが張り出されていた。
soba2

・攻めてるメニューの数々

さっそく入店して店内メニューを確認してみると、前述の3つ以外にも「わらじカツカレーうどん」や「十三和風ちゃんぽん」など、とにかく興味をそそられるものが多い。しばらくエア食事を楽しんでいると、信じがたいメニューが私の目に飛び込んできた。おい……これマジかよ
menu

・ポテそばを超える新メニュー

そのメニューとは「ポテざる」。フライドポテト+そばでも衝撃なのに、ざるそばだと!? しかも、プラス80円で十割そばに変更できてしまう。これ行くっきゃねえべ!!
soba7
注文すると、ポテトとざるそばが別々に運ばれてきた。ポテトをおかずにざるそばを食べるも良し、ポテざるにして食べるも良しだ。もちろん、私はざるそばにぶっかけた。
soba8

・腹にたまる

一口食べてみると、ポテトにざるそばの濃いつゆが染みてなかなかウマい。そばの爽やかさとポテトの油がちょうどいいバランスで腹にもたまる。相性が抜群とまではいかないものの、お腹が減っている時は迷わずこれだろう。
soba10

・注意事項

あとで気づいたのだが、ざるそばにポテトをかけても食べにくいだけであんまり意味がない。つゆに少量のポテトをつけ、そこにそばをつけながら一緒に食べるのが正しい作法かと思われる。

奇をてらった品かと思いきや結構注文している人がいたので、ポテそばに続く人気メニューとなりそうだ。ちょっと冒険してみたいそば好きのあなたにオススメだぞ!

・今回訪問した店舗の情報

店名 阪急そば若菜 十三店
住所 大阪府大阪市淀川区十三東2丁目12-1(阪急十三駅内 2・3号線ホーム)
営業時間 7:00~22:00(オーダーストップ 21:30)
定休日 無休(ただし年末年始を除く)

Report:立ちそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.

こちらもどうぞ → シリーズ「立ちそば放浪記

▼綺麗で広い店舗
soba
▼攻めのメニューの数々
menu
menu2
menu3
▼ポテそばみっけ!
menu5
▼ポ、ポテざるやと!?
menu4
▼わらじかつ丼 600円
katu
▼天丼セット 680円
soba3
▼ポテそば 370円
soba4
soba5
▼ポテざる大盛り 720円
soba7
soba8
▼なかなか良いじゃないか
soba10