最近ではハリネズミやリス、フェレットなどをペットとして飼う人もいて、ペットの種類にも多様性が出て来た。そんななか、新たなペットとして注目を集めている新種の猫が登場したので紹介したい。

ギリシャ語でオオカミを意味する「Lykoi:リコイ」という名の猫は、猫らしからぬ犬のように従順に振る舞い、見た目が狼男のようだと言われているのである!

・性格は犬に近い新種の猫「リコイ」が誕生!!

Available Lykoi tuxedo boys :). See facebook.com/lykoicat for more info! #lykoicat #tuxedolykoi #lykoibreeder

A post shared by Lykoi Cats (@lykoicats) on

新種の猫「リコイ」を生み出したのは、ブリーダーとしても経験豊富な、米テネシー州に住む獣医ジョニー・ゴブルさんだ。

2010年に、アメリカンショートヘアの突然変異で誕生したリコイは、アゴや首回り、前脚辺りの毛がなく、全体的な毛並もバラバラだ。リコイのなかには、無毛の猫として知られるスフィンクスのように、全部毛がなくなってしまうものもいる。

・リコイを「狼男みたい」と例える人も

一見したところでは野良猫のように野性的に見えるが、性格はフレンドリーかつ従順で、まるで犬のように飼い主に懐くとのこと。ゴワゴワとしたグレーの毛色で鋭い眼差しをしたリコイを、「小さな狼男みたいだ」と例える人もいるという。

・突然変異で生まれたが健康状態は問題ナシ!

突然変異で生まれた種だけに、ジョニーさんは、リコイに身体的な異常がないかDNA検査まで行い、健康状態をチェック。その結果、毛が生えていない皮膚にも問題はなく、健康そのものであることが分かっている。

毛色などの状態により、リコイの価格は、1500~2500ドル(約18万3000円~30万円)に設定されているそうだ。

犬のように人懐っこく従順な猫とは、犬と猫の両方を飼いたいという人にピッタリではないだろうか。しかも、見た目が狼のようだとなれば、リコイは、1匹で3種類の動物の良さを堪能できてしまうペットと言えるのではないだろうか。

参照元:InstagramMashableinquisitr(英語)
執筆:Nekolas

▼まだ子猫のリコイ。カワいい~

#peekaboo #werewolvesofinstagram #lykoicat #lykoikitten #gobblesgobblins

A post shared by Lykoi Cats (@lykoicats) on

▼こうして見ると、狼男っぽく見えなくもない!?

Sisters! #lykoicat #lykoi #gobblesgobblins #werewolvesofinstagram

A post shared by Lykoi Cats (@lykoicats) on