来月に公開が迫った『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』は、先月に予告編が解禁となったこともあり、世界中で大きな盛り上がりを見せている。とにかく、筋金入りのコアなファンが多いことで知られる本シリーズだが、ネット上である動きが盛んになっていたという。

それは、公開日まで生きられないかもしれないファンのために、‟『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』を特別上映してあげて!”というオンラインキャンペーンだ。小さい頃から熱狂的な『スター・ウォーズ』のファンで、死ぬまでに最新作を見たいと願う男性……。彼の、そしてネットユーザーの願いを知った製作会社や本作の監督が快諾し、男性の夢が叶ったのである!!

・余命いくばもないファンに特別上映会を!!

米テキサス州に住む32歳のダニエル・フリートウッドさんは、2015年7月に紡錘細胞肉腫(ぼうすいさいぼうにくしゅ)の末期と診断され、医師から余命2カ月だと宣告された。

なんとか、宣告された期間よりは永らえているものの、ダニエルさんは、「『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』公開日の12月18日まで、生きられるかどうか分からない」と語っていた。そんな彼を不憫に思ったネット上の『スター・ウォーズ』ファンが、ハッシュタグ「#ForceForDaniel:ダニエルにフォースを!」を作成!

製作会社のウォルト・ディズニー・スタジオに、‟彼に特別上映会を開いてあげて!” と呼びかける支援の動きが拡散していたのである。

・コアなファンには魔法のような作品

子供の頃から、熱狂的な『スター・ウォーズ』ファンだというダニエルさんの自宅は、本シリーズのポスターやキャラクターのフィギュアであふれ返っている。彼の家を見ただけて、どれだけ彼が『スター・ウォーズ』を愛しているかが、うかがえるのではないだろうか。

彼の妻アシュリーさんも、「たかが映画かもしれませんが、多くの人にとっては魔法のような作品なんです」とコメントし、夫の最後の願いを叶えてあげたいと切に訴えていた。そのほか、『スター・ウォーズ』シリーズでルーク・スカイウォーカー役を演じたマーク・ハミルや、チューバッカ役を演じるピーター・メイヒューも活動を支援していたのだ。

・キャンペーンのおかげでダニエルさんの夢が実現に!

こうして、『スター・ウォーズ』ファンやキャストによる声が広まり……その思いがついに伝わった! 最新作でメガホンを取ったJ ・J ・エイブラムス監督がカップルに連絡を取ったのだ。そして、ダニエルさんの自宅で『スター・ウォーズ / フォースの覚醒』の特別上映が実現したのである! ダニエルさんは思う存分に映画を楽しんだそうだ。

やはり、『スター・ウォーズ』ファンの結束たるや、映画ファン魂を支えるアツイものがある。ダニエルさんの悲願が叶って、本当に良かった!! 

参照元:TwitterJustJaredClick 2 HoustonMashableNBC NEWS(英語)
執筆:Nekolas

▼余命わずかな男性に『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を特別上映してあげて!!

▼チューバッカを演じるピーター・メイヒューも活動を支援!