‟髪は女の命” というが、実際のところは、男性の方が抜け毛対策やハゲ防止に一生懸命になり、女性よりも髪の毛を気にしている人が多いのではないだろうか。

まさに、そんな「髪は男の命」を地で行く男性が登場した。ある有名イケメンモデルがフサフサの髪をキープするために、なんと男性機能を犠牲に!! だが、究極の選択をした彼に転機が訪れ、ハッピーエンドを迎えたというのである。

・男性機能と髪の毛、どちらが大切!?

#goodmorninggreece #crete #nutrafol @nutrafol #hairloss #prevention #family

A post shared by Giorgos Tsetis (@giorgostsetis) on

フサフサの髪と男性機能という究極の選択を迫られ、髪の毛を選んだのは、有名モデルで30歳のジョーゴス・トセティスさんだ。彼は、ファッション「VOGUE:ヴォーグ」イタリア版でポーズを取り、アルマーニやヴェルサーチといったコレクションでも、キャットウォークを歩く売れっ子モデルだ。

精力的にモデルとして活躍していた彼だったが、なんと21歳という若さで、髪の毛が抜け始めてしまったのである!

・ハゲの代わりに払った代償は男性機能!

さすがに、モデルでハゲは致命的だ。「ハゲになったら、モデルの仕事ができなくなってしまう!」と焦った彼は、男性型脱毛症治療薬であるプロペシアの服用を開始。こうして、ハゲになる危機を脱した彼は、とりあえずは髪の毛をキープすることができた。

しかし、その代償として、彼は男性機能を犠牲にすることになるのだった……。プロペシアは、男性ホルモンのジヒドロテストステロンを抑制する効果があるため、性欲減退や勃起機能の低下といった、夜の営みに大きな影響を及ぼすのである。

・抜け毛に効くビタミン剤を開発してハッピーエンド!!

男真っ盛りの20代で、思うようにベッドでパフォーマンスができなくなった彼は、男としての自信を大きく喪失したという。そして、ジョーゴスさんが現在のビジネスパートナーであるローランド・ペラルタさんと出会ったのは、そんな途方に暮れていた27歳の時だった。

運命的な出会いを果たした二人は、抜け毛に効く天然成分でできたビタミン剤「Nutrafol:ニュートラホル」を開発。体のホルモンバランスを整え、毛根を包む組織である毛包(もうほう)を増やすビタミン剤のおかげで、プロペシアに頼らなくてもジョーゴスさんの髪の毛はフサフサのままに!! 現在、彼は髪の毛と男性機能のどちらもキープできるようになり、絶好調の生活を送っているそうだ。

やはり俳優と違って、モデルはハゲだと仕事が来なくなり、死活問題に関わるのだろう。それにしても、なんだか髪の毛に命(男性機能)を掛けた男の自伝を、一冊読みあげたような気分になってしまった。

参照元:Instagram @giorgostsetisMashableMetroMail Online(英語)
執筆:Nekolas

▼自然成分のビタミン剤で、男性機能を犠牲にすることなくフサフサの髪に!

▼こちらがビタミン剤「Nutrafol:ニュートラホル」

▼コレクションでキャットウォークを歩くジョーゴスさん

#MichaelBastian #wilhelmina #wilhelminamodels #nutrafol #nutrafolmen #hair #hairnutricosmetics #nyc #nyfw

A post shared by Giorgos Tsetis (@giorgostsetis) on