1

賛成派・反対派、色々あるマリファナ。医療用として徐々に解禁されつつある昨今。なんとこの度、カナダにマリファナの栽培から販売方法まで教えてくれる大学講座が開講されるというではないか!

ついに時代はここまで来たか……ということで、どんな講座かちょっくら見てみよう!!

・プロの医療用マリファナ管理者になるために

今回、プロのマリファナ師を育てるために講座を開設することになったカナダ・バンクーバーのクワンテルン・ポリテック大学。その名もズバリ「カナダでプロの医療用マリファナ管理者になるための入門講座」。ちなみにオンライン講座だ。

・栽培方法からマーケティング、法律まで色々学べるよ!

マリファナに関する「マーケティング方法」と「医薬品の開発」を主軸に、「栽培方法」や「経営管理」などがカリキュラムとして盛り込まれる本講座。

具体的には、健康に良い植物の見分け方や害虫の駆除方法、種まきの時期などの「園芸関連」から、マリファナを巡る「法律関連」についてなどを、生徒たちは学んでいくという。ちなみに講師には、プロの園芸家、弁護士、マーケティングの専門家が迎えられている。

・誰でも学べるオンラインコース

2015年9月初旬に開講され、14週間で修了予定。授業料は1249カナダドル(約12万円)と、決して安くはなさそうだ。それでもオンライン講座なので、誰でも生徒になれる上に、日時を気にせず受講できることが大きな利点だろう。

この大学講座について、当サイトで何度も何度も危険ドラッグへの警鐘を鳴らし続けてきたボブ麻亜礼氏は、

「まずオンラインってのがイイね。しかも法律まで教えてくれるとは嬉しい限り。3カ月チョイで12万円つったら……安いだろ! ぜんぜん安いと思うぞ。日本人でも受講できるのかな? カナダ行きたいなぁ……。あ、その前に英語を勉強しないとダメだな。ウン」

──とコメントしている。ちなみに2001年に医療用マリファナが解禁となったカナダは、多発性硬化症や関節炎、てんかん、ガン、HIV / エイズなどの患者に対し、医療マリファナの使用が認められている。

いつかは日本でも医療用マリファナが認められる日が来るかもしれない。興味のある人は、本講座をチェックしてみてはいかがだろうか?

参照元:The IndependentKwantlen Polytechnic University(英語)
執筆:小千谷サチ
Photo:Rocketnews24