Screenshots  2015-08-20 16.08.34

依然収束する気配のない、東京五輪エンブレム問題。エンブレムに関して説明する公式ページの評価も賛否両論あるようだ。そんななか、あるコンビニエンスストアが興味深いおでんのPOPを作っていた。

・エンブレムのようなPOP?

おでんの具材をコラージュして、五輪エンブレムのような雰囲気のPOPを作ったそうだ。念のため、東京五輪の組織委員会にこのPOPの使用は可能かどうかを尋ねたところ、驚くべき回答が返ってきたそうだ。その内容は以下の通りである。

・東京五輪組織委員会の回答

「ご連絡ありがとうございます。添付写真確認いたしました。具の配置がエンブレムを容易に想起させるものと思われます。仮にこれが個人的な利用に止まるのであれば問題ありませんが、店舗に掲示や配置するということになりますと商業利用にあたってくるので、お控えいだたくことになります。ご理解とご協力のほど何卒よろしくお願いします」(セブンイレブン武蔵小金井本町2丁目店Twitterより引用)

・店に掲示する前に

POPを制作したのは、セブンイレブン武蔵小金井本町2丁目店である。このお店は過去に、うまい棒のユニークなPOPを掲示してネット上で話題になった。今回も遊び心でおでん販売用のPOPを制作したようである。お店の方に話を聞くと、今回は実際に掲示する前に念のために組織委員会に確認を取ったそうだ。すると前述の回答をえることになった。

・POPはどうする?

残念ながらエンブレムのような雰囲気のおでんPOPはお蔵入りとなってしまった。どう見てもパーツはおでんだが、具の配置がどう見てもエンブレムでありながら商業利用という点が問題であるらしい。お店のPOPは今後どうなってしまうのか、気になるところである……。

参照元:Twitter @711musako2
執筆:佐藤英典