1

どこまでいっても人気の高い「女子学生の制服姿」。その姿を見てどんな気持ちを抱くかは人によって違ってくるが、 “本能的に気になる” と答える人も多そうだ。当サイトでも、人気のトピックである。

しかしこの度、イギリスのある高校で女子生徒の制服スカート着用が禁止されたというではないか! 制服といえばあのスカートが大事なのに……!? とビックリしてしまうが、更に驚きなのが「男性教諭の気が散るから」という人間味あふれる、大変正直な理由。確かに “気になる” 気持ちは痛いほど分かるが……。それにしても正直すぎないか?

・女子生徒の短いスカートに、学校は再三注意

今、「スカート着用禁止例」 で話題となっている英トレンタム高校。なんでも制服からスカートを失くし、男子も女子もパンツスタイルに統一するというのだ。ロウェナ・ブランコウェ校長は、女子生徒のスカートが短すぎることがその要因だと説明する。

学校側の再三の注意にも関わらず、短いスカートを履き続ける女子生徒たち。彼女たちがスカートの丈を短くする方法は、腰辺りで巻き上げるというもの。なので先生に注意されて一時的に長くなったスカート丈も、簡単に元通りに。学校側は、その “いたちごっこ” に終止符を打つために今回の決定を下したのだった。

・校長先生「男性教諭だって気が散ります」

その上、「あんな短い丈で座ったり、階段を上ったりすれば、男子生徒、男性教諭だって落ち着かないはずです」と説明。学校スタッフからの強い支持を得て、決定にいたったということだ。

うむ……男子生徒はともかく、「男性教諭が落ち着かない」とは何とも “正直すぎる” 理由。Mail Online に掲載されている男子生徒の意見では、「僕たちだって短いスカート丈は気になるものなので、先生たちが気になる気持ちも分かります」と述べられているのだった。

・ネットの声「もっとマシな理由があっただろ」

どうやらネット上でも “男性教諭が落ち着かない” という部分に注目が集まっているようで、以下の通り多くの意見が飛び交った。

「それを言っちゃあダメだろ」
「パンドラの箱を開けやがった」
「女子生徒の短いスカートにソワソワするなんて、その時点で教師失格!」
「もっと “適当” な理由があっただろうに……」
「なんだか “男性教諭 = 変態” ってレッテルが貼られているような」
「娘のスカートをジロジロ見たって言いがかり付けるモンペもいるから、学校の気持ちも分かるよ」
「学校はファッションするための場所じゃないって、生徒たちは分からないとね」
「ピタピタのパンツ姿にも、ソワソワする人はいるんじゃないの?」
「責められるのはいつも男ばかりだ」

・女子生徒「パンツじゃあ暑すぎるよ!」

ちなみに女子生徒たちやその保護者からは、「パンツじゃあ暑すぎるから実用的ではない」「スカートが履きたい」「今もパンツを履いてるから、特に気にならない」「普通のスカート丈の女子がほとんどなのに……」「スカートを禁止するのはちょっとやり過ぎ」と、様々な意見が見られたのだった。

現在このトレンタム高校では、女子生徒はパンツかスカートか制服を選ぶことが出来るが、2015年9月の英新学期からパンツスタイルに統一されるという。

制服の持つ威力やスカート丈事情など、日本と相通ずるところが感じられる話題だが、男性教諭は本当のところどう思っているのだろうか? 気になるところだ。

参照元:Mail Online(英語)
執筆:小千谷サチ
Photo:RocketNews24