1

卵は、焼いても、煮ても、そして生で食べても美味しい! 私たちにとって最も身近なタンパク源なのではないだろうか? 今回はそんな卵の鮮度を確認するライフハックを紹介したい。

よく「鮮度の高い卵は、割ると黄身と白身がプリっと盛り上がる」と言われるが、深い容器と水さえあれば、割らなくても卵の鮮度を知ることができるという。詳細は以下の通りだ!

・殻を割らずに “卵の鮮度” を知る方法

まず深めの容器と水を用意しよう。そこに生卵を殻ごとポチャンと入れる。その浮き具合を見れば鮮度がイッパツでわかるというのだ。

新しい卵は、水の中で「ゴロン」と横向きに沈むそう。古くなるにつれて、卵のお尻がチラっと浮き、完全に縦向きに。そして「もう食べない方がいいよ」ってくらい古い卵は、水に浮いてしまうそうだ。

b1

・実際にやってみた

なるほど、なるほど! 何でも卵は元々、中に空気を含んでいるのだが、古くなればなるほど、その空気の部分が大きくなり、水に浮くようになるのだという。

ちょうど手元に賞味期限が5日切れた卵があったので、実際に新鮮な卵と浮き具合を比べてみたぞ。詳しくは動画と画像で確認していただきたいが、確かに、新しい卵がゴロンと沈んでいたのに対し、賞味期限が切れた卵はチョコっとお尻が浮いていた。

b2

ちなみに、食塩水を使うとよりわかりやすいというので、10%の食塩水を作って試してみたところ……その差は歴然! 新しい卵は沈み、古いほうはかなり浮いていた。

b3

・アメリカ農務省も認める方法

アメリカ農務省によると、水に浮いた卵は古い卵だと意味するそうだ。ただ、「浮いた=食べられない」というわけではなく、割ってみて、ニオイや色を確認して判断してほしいとのこと。

最終的には、中身を見て確認した方が良さそうだが、鮮度の目安になるライフハックなのではないだろうか。パックや賞味期限が書かれた紙を捨ててしまったとき、役に立ちそうだぞ!!

参照元:RedditCooking Lightアメリカ農務省(英語)
執筆:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

▼こちらがネットで話題の「殻を割らずに “卵の鮮度” を知る方法」だ。古いものほど浮いちゃうらしい

▼実際にやってみた! まずは賞味期限が5日ばかり切れた卵

1
▼こちらは新しく買った卵。賞味期限はまだ2週間ほどある
20150702093240
▼水に入れてみた!

▼右の古い卵の方はお尻がチョコっと浮いて、やや縦向きに!
2
▼マジだったわ~
20150702093133
▼食塩水でやるとよりわかりやすいぞ

20150702111109

20150702111121
▼浮いてる……
20150702111145

▼真に古い卵だと、完璧に浮いちゃうぞ!