1

二車線道路で前方に大きいトラックが走っていて、追い越そうにも追い越せずイライラしたことはないだろうか!? 急いでいる時に思い切って追い越そうとしたら、反対車線に対向車が来て正面衝突……。という悲劇を避けるために、サムスンが画期的なシステムを発案! 

なんと、トラックの後ろにスクリーンを搭載して道路の前方を映し出し、後方ドライバーに道路の状態を伝えてしまおうというのだ!!

・追い抜き事故防止のため開発されたシステム

映画やドラマなどで、二車線道路を大きなトラックが走っていて、追い越そうとしたら反対車線から対向車と衝突しそうになり、慌てて自分の車線に戻るシーンがよくある。まさに、そんな追い抜き事故が主な原因で、南米アルゼンチンでは1時間に1人が交通事故で死亡している。

そこで、韓国電子製品メーカーのサムスンが、悲惨な事故を防ぐために「Safety Truck : セーフティー・トラック」なるシステムを発案し、開発段階にあるとのこと。

・後面に搭載したスクリーンが道路の状態を映し出すシステム

Safety Truckは、トラックの前方に設置されたワイヤレスカメラが撮影した道路の映像を、トラックの後面に搭載したスクリーンに映し出す仕組み。後方のドライバーは、トラックで隠れて見えない前方の道路を目の前にあるスクリーンで確認できるので、追い越すべき時を把握できるというわけだ。これで、反対車線から来ている対向車との正面衝突を防ぐことが可能となる。

・どれほど需要があるかが問題

だが一方で、同システムは複数車線の道路ではそれほど役に立たず、どれだけ需要があるか疑問である。また、「トラックのスクリーンに、後方ドライバーが気を取られてしまうのでは?」と、懸念の声も挙がっているようだ。

サムスンによると、今の時点で Safety Truck はテスト段階だが、各国政府とNGOの安全機関と提携し、既存の国際基準に合わせてさらなる技術開発を進めていきたいとしている。

二車線道路が多い山道や、道路整備が整っていない国では需要がありそうだ。追い抜きができる道路でも、事故の原因になるような無謀運転をしないよう、ぜひ気を付けたいものである。

参照元:YouTubeMashableSAMSUNG TOMORROW(英語)
執筆:Nekolas

▼スクリーンが道路の前方を映し出す「Safety Truck」の紹介動画はこちら