2

世界の歌姫レディー・ガガといえば、奇抜な衣装や突飛な行動ばかりがニュースになりがちだが、類まれな歌唱力を持ち、素晴らしいピアニストであることでも知られている。そんなガガ様が、アゼルバイジャン共和国の首都バクーで開催中の第1回ヨーロッパ競技大会の開会式で、パフォーマンスを披露。

ジョン・レノンの代表曲「イマジン」をピアノの弾き語りで演奏したガガ様のステージが、想像を絶するほど神々しいと大きな話題となっているのだ! そのパフォーマンスは、動画「Lady Gaga – Imagine (Live at Baku 2015 European Games Opening Ceremony)」で確認できるぞ!!

・意外にクラシックな好みを持つレディー・ガガ

世界のスーパースターであるレディー・ガガは、テイラー・スウィフトと並び、10年間で3枚のナンバーワンアルバムを生み出した女性アーティストの1人だ。斬新なステージパフォーマンスやミュージックビデオばかりが注目されがちだが、意外にクラシックな好みも持っているガガ様。

2014年9月に発売されたアルバム「Cheek to Cheek:チーク・トゥー・チーク」では、大御所シンガーのトニー・ベネットとジャズナンバーでコラボし、新境地を開拓している。それだけに、彼女がヨーロッパ競技大会の開会式で、ロック・クラシックとも呼べる名曲「イマジン」をチョイスしたのも頷ける。

・鳥肌ものの圧巻のパフォーマンス!!

前置きが長くなってしまったが、開会式のステージに登場したガガ様は、プラチナブロンド・ヘアにゴージャスな白のロングドレス姿。ステージに設置された花とツタがあしらわれたピアノの前に腰を下ろし、あの有名なイントロを弾き始めた。

何万人もの人が集まった会場は、彼女のしっとりとしながらもディープな歌声に、制されてしまったかのように静まり返っている。そして、かなりアレンジが加えらえた歌の中盤では、彼女の大迫力の歌唱力に、ただただ圧倒されるばかり!! 

その圧巻のパフォーマンスは鳥肌もので、彼女のカリスマ性と才能の成せる業としか言いようがない! その神々しいステージに、すっかり観客も心を打たれてしまった様子が動画からも伝わってくる。

・シンガーの実力が証明されるカバー曲

ちなみに、シンガーの実力が一番証明されるのが、カバー曲ではないかと筆者は思う。プロがステージで曲をカバーする場合、カラオケのように、ただ演奏に合わせて歌えばいいという訳にはいかない。

オリジナル曲のフレーバーを損なうことなく、かつ自分のカラーで染めて、曲を独自のものにしなければならないからだ。それには、アーティストとしての強烈なオーラやカリスマ性、ミュージシャンとしてのセンスと実力が、最高の形で化学反応を起こさなければ実現し得ない。

まさに今回のパフォーマンスは、レディー・ガガが正真正銘のスーパースターであることを証明しているのではないかと思う。

シンガーとして破竹の勢いを見せるガガ様だが、最近は女優としても活躍中。彼女のプラチナブロンドは、米ドラマ『American Horror Story: Hotel』に出演するために染めたものだ。また、私生活ではテレビ俳優テイラー・キニーと婚約して、公私共に絶好調! これからも、ガガ姫の大きな躍進が期待できそうだ。

参照元:YouTubeMashable(英語)
執筆:Nekolas

▼レディー・ガガが、第1回ヨーロッパ競技大会の開会式で見せた神々しいパフォーマンス