1jp

キリスト教と仏教、ユダヤ教とイスラム教という四大宗教の他にも、世界には様々な種類の宗教が存在する。人々の心の支えとなり拠り所となる宗教だが、なんと大麻を崇める新興宗教「大麻教会」なるものが誕生したというのだ!!

世界初となる大麻を崇める宗教が、法律的に認可されたニュースをお伝えしたいと思う。大麻宗教の信条もかなりオモシロいぞ!!

・世界初の大麻教会がインディアナ州で認可される

世界初の大麻教会なる新興宗教を創設してしまったのは、米インディアナポリス州では知られた存在のビル・レヴィン氏だ。

といってもインディアナ州では、嗜好用大麻はおろか医療用大麻も違法なのだが、米国税庁から非課税の宗教団体として認可されたというのである。なんだか矛盾している話だが、その裏には、全米で物議を醸したある法律が関係しているのだ。

・大麻教会設立には、ある法律が関係していた!

その法律とは、同州で7月1日より施行される州法「宗教の自由回復法」だ。この州法には、同性愛者を差別する条項が含まれているため大きな問題となっている。

その内容とは、同州で同性婚は合法であるにも関わらず、同性愛に偏見を持つ人が “宗教の自由” を掲げて、合法的に同性婚に反対できるというものだ。例えば、企業や業者の判断により、結婚式などで同性愛者に対して、ビジネスやサービスの提供を拒否することができるのである。

・法律を逆手に取って新興宗教を設立!!

そこでレヴィン氏は、 “宗教の自由” を逆手に取って大麻教会を設立。そして、宗教の自由回復法の可決で全米からボイコットされてしまったインディアナ州は、イメージダウンを回復するべく、怪しい新興宗教を認めざるを得なくなったというわけだ。“宗教の自由” を回復しようとしたら、イメージダウンの回復に奔走しなければならなくなったとは、なんとも皮肉な話である。

・大麻教会の信条12項目はコレだ!!

今のところ大麻教会は、実際に信者が集える教会を準備するべく、資金調達サイト「GoFundMe」でキャンペーンを展開中だ。そして、レヴィン氏が掲げる大麻教会の信条12項目は以下のとおりだ。

1: クソ野郎になるな! 誰をも平等に愛せ。
2: 毎朝、笑顔で1日を始めよう。起きたら、まず笑顔になること!
3: 出来るだけ人に助けの手を差し出すべし。お金のためでなく、助けが必要とされているからだ。
4: 自分の体を神殿のように扱え。質の悪い食い物やソーダで体を毒すべからず。
5: 人を利用したり、故意に人を傷つけるな。
6: 争いは始めず、争いは止めるのみ。
7: 野菜を育て動物を飼育し、自然を日常生活に取り入れるべし。
8: ネットで挑発的になるな! 他人を尊重して攻撃的になるべからず。
9: 毎日10分間、静かな場所で一日を振り返ろう。
10: 誰かがイジメられていたら、すぐに助けるべし。自分を守れない人を守ってあげよう!
11: たくさん笑ってユーモアを分かち合おう! 人生を前向きに楽しむべし。
12: “癒やしの植物” である大麻は、我々の聖体だ。人間同士の距離を縮める大麻は、健康の源泉かつ愛でもあり得る。病や鬱(うつ)から救ってくれる大麻を、個人としても団体としても全身全霊で信奉するのだ。

最後の項目以外はまるで黄金律のようで、誰でも毎日実行すべきことが書いてある。人生においてこの上なく有益な教訓を唱える大麻教会が、どこまで信者を集めるのか興味深々だ。

参照元:Facebook @The First Church of CannabisMashableThe Washington Post(英語)
執筆:Nekolas

▼こちらが大麻教会のポスター

▼大麻教会の信条12項目はコレだ!!