2

日々移り変わる、整形の世界。これまでロケットニュース24でも「韓流スターに整形したイケメンのブラジル人」「美女に変身したウソップ似の女性」「イケメンになったチェ・ホンマン」など、整形界のスターをご紹介してきた。

そして今回注目する男性も、どうやら整形界のお人。いや、「整形界の新星」たる存在だ。彼の特徴は、なんといってもキラキラ。お顔から体、自撮りセンス、辛口コメントまでぜ〜んぶ輝いている! しかし、そんな彼のキラキラっぷりが人々の癇(かん)に障ったのか、彼のもとには非難が殺到しているのだ。

・“独特な自撮り” で話題!

中国の劉梓晨(りゅう・ししん)さん18才は中国 SNS 「微博(weibo)」に “キラキラ” な自撮りをアップしては、ネット界の注目を集めてきた。札束が散らばったベッドの上に素っ裸で寝転がったり、下半身裸でくびれを披露したり、高価なアクセサリーを見せびらかしたり……。

しかし何がキラキラかと言えば、その見た目だ! 少女マンガを彷彿(ほうふつ)とさせる大きな目と尖ったアゴ、モデル顔負けのくびれとプリッとしたお尻が、劉さんの特徴。なんだかバービー世界の人みたいに、キラッキラな見た目なのである。

・男性「鼻をいじっただけ」

そんな彼の姿を見て「気持ち悪〜い」「大掛かりな整形手術をやったんだろう」と手厳しい言葉を投げつける人も多いようだ。対して劉さんは「確かに整形はやりました」と認めつつも、「鼻をちょこっとお直ししましたが、他の部分には手を加えていません」と “大掛かり” な手術を否定。

・辛辣な言葉をお返し「レベルが低いんですね」

また、寄せられた批判に対して、辛口なコメントを返す劉さん。「みなさん、とってもレベルが低いですね」「嫉妬心から僕を攻撃してくる人たちは、整形手術をするお金もなくて、醜いままなのですね。クソを食べては、小便をまき散らすだけの毎日なんでしょう」などと容赦なしだ。

・“元の顔” がさらされた?

そのような態度が人々の怒りを買ったのだろうか? 劉さんの鼻を明かそうと、彼の ID写真がネット上に出回ってしまったのだ。その写真を見ると……う〜ん、確かに同一人物とは思えないような変化っぷり。あのキラキラおめめも、尖ったアゴも、そこにはナイ。

しかし劉さんは負けることなく、ID写真は5年前に撮影したものだと説明。「この写真をとったカメラマンは、僕に個人的な恨みを抱いていて、わざと僕を醜く撮ったんです」ということだ。ここまで違って撮るなんて、 “天才的” なカメラの腕前である。

・批判にはもうウンザリ!

とはいえ、次々とわいてくる批判に、彼もウンザリしてしまった様子。「僕はただの学生です。僕が発表する自撮り写真や、そこにうつった高価なアイテムだけを見て、僕のことをジャッジしないで下さい」「嫌なら見なければいい」と述べている。

また、ヌードを披露しているのはアート活動の一環であり、金銭目的ではないと主張しているのだった。

確かに輝き続けるのは大変なことだが、彼には人間離れしたキラキラっぷりが備わっている気がする。そう言えば「中国にはフォトショを使いこなす妖術」も存在しているんだっけ……?

参照元:Mail Onlineshanghaiist (英語)Sina Weibo @劉梓晨_Chris
執筆:小千谷サチ

▼それではジーチェンさんの輝かしい自撮りをどうぞ!
9

▼なぜパンツをずらしているの?
8

▼なぜ裸なの?
7

▼ “吸い込まれそうな目” とはこのことだ!!
3

▼すごい角度のくびれですね
5

▼目がキラキラだぜ!
4

▼まさに少女マンガのポーズ! しかし下半身がギ・リ・ギ・リだ!!
10

▼なぜ……この格好なんだ!? ポーズはそこはかとなく江頭2:50風
2