DSCN2582

日本の球史に残る最速記録は、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平投手が2014年に記録した162キロ。これはプロ野球ファンでなくとも知っているであろう。ところが! 日本にはさらに速い……もっといえば “230キロの球を投げる投手” がいるのを皆さんはご存知だろうか。

タイトルで気づいた人もいると思われるが、その答えは福岡県北九州市小倉北区三荻野(みはぎの)にある「三荻野バッティングセンター」のピッチングマシン! 一体どれほどの実力か、実際に真っ向勝負してきたぞ!

・ド素人が挑戦

挑戦するのは、筆者(私)。野球は好きだが、経験なしのド素人である。ただ、ノムさんのID野球が脳内に叩き込まれており、学生時代に球技はそこそこやれた……という記憶がある。とりあえず、てんで野球がダメでないことはお伝えしておこう。素人に変わりはないけど。

また、もしバットに当たっても前に飛ばせるほど230キロは甘くない。そのことも重々承知していたので、私はこの日のために巨人・澤村投手ばりの筋トレで上半身を強化。さらには西武・森選手のような下半身にするべく徹底的に自分をイジめ抜いてきた。

・ノリさん打法で挑戦

そして残すところはフォームだが、自分のスタイルがないのでプロ野球選手を参考にして決めた。バッセンといえばノリさんこと中村紀洋選手。ということでオープンスタンスの神主打法で挑戦だ! 打つぜ〜超打つぜ〜!! もしホームラン打ったら美しいバット投げもしちゃうもんね!!

DSCN2579

250円でプレーコインを購入し、いざ勝負! するとアラ不思議。一球勝負でないため「もしかしなくても当たるんじゃないか」と思い始める自分がいた。そんな中、運命の一球目……230キロがいよいよベールを脱いだ……!

・鬼速い

ズバーンッ!!!! あっという間にボールはキャッチャー(背後の壁)に到達。バットにかする気配がまったくしないほど、球が鬼速い。ホップしているようにも見え、何ならバントでも当たりそうにない。ド素人のへっぴり腰では、球が投げられる瞬間にバットを振っていても振り遅れそうなほど速かった。

DSCN2577

もちろん、「カキーン」という快音はあるはずもなく、世界最速の壁は簡単に越えれるものでもなかった。素人がそう簡単に打てたらプロはいらないと自分に言い聞かせ、ボキボキに折られた心を支えるのが精一杯……そんな挑戦だった。

・素人で当てるのは超難関

結果は筋トレしたにもかかわらず一球たりともかすらないという惨敗。……とはいえ、世の中には強者がいるもので、ヒットどころかホームランまで打っている人がいた。写真つきで殿堂入りするのも納得! 打てたらマジでハンパないチャレンジであった。

DSCN2600

福岡ソフトバンクホークスの松田選手もトレーニングしたことがある230キロのピッチングマシン。我こそはという人、野球に興味のある人は、北九州を訪れた際ぜひ一度挑戦してみることをオススメしたい。ちなみに世界最速230キロに挑戦すると、記念として「挑戦記念カード」も貰えるぞ!

Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.

▼こちらが世界最速のマシンがある三萩野バッティングセンター
DSCN2606
▼ジムで鍛えてきたが……(見えにくいけどガチで強化してます)
DSCN2631
▼カスリもせず
DSCN2578
▼テレビでも紹介された有名バッセンだ
DSCN2602
▼230キロに挑戦すると「挑戦記念カード」がもらえるぞ
bassen
▼動画で230キロのスピードを確認でしてみよう。元ホークスの柴原さんも挑戦!!