1jp

ゴールデンウィークが終わり、いつもの睡眠パターンが崩れてしまって、ナカナカ寝付けないという人がいるかもしれない。「明日仕事だから早く寝ないと……」と思えば思うほど眠れなくなってしまうものだが、たった1分で眠くなるという “4-7-8呼吸法” が話題となっているので紹介したい。これで羊を数えたり、ホットミルクを作る必要がなくなるかもしれないぞ!

・1分で眠りにつけるという “4-7-8呼吸法”

1分で眠りにつけるという「4-7-8 呼吸法」を考案したのは、米アリゾナ州にすむアンドリュー・ウェイル博士だ。プラナヤマと呼ばれる古代インドを起源とする呼吸法を実践すると、リラックス効果を得られて眠りにつけるのだそうだ。

・4-7-8 呼吸法の仕方

それでは、なかなか寝付けなくて辛い思いをしているという人のために、4-7-8呼吸法の仕方を説明しよう。

1. 最初に舌の先を口内上側に当て、“フー!” と言いながら肺の中の空気をゆっくりと吐き出す。
2. 口を閉じて、心の中で4つカウントしながら鼻から息を吸い込む。
3. 次に7つ数えながら息を止める。
4. それから8つカウントしつつ、ゆっくりと口から “フー!” と息を吐き出していく。

このサイクルを3回繰り返すのだが、ポイントは静かに息を吸い込み吐き出す時はフー! と音を立て、舌の先は口内上側に当てておくことだ。

・副交感神経系を静めてリラックス効果を得られる

4-7-8 呼吸法で余分な酸素を取り込むと、副交感神経系を静めてリラックス効果を得られる。精神的にストレスが溜まっている時は、神経系統が過剰に刺激されてバランスが崩れている状態なので、眠りに落ちにくくなるのだ。

神経系を落ち着かせるだけでなく、この呼吸法を取り入れると自分の体とつながりを感じることができ、日頃の悩みや不安から解放された気分になれるそうだ。

興奮した時や怒りを感じた時に、深呼吸をしたら気分が落ち着くのと同じ効果なのだろう。筆者も実際に4-7-8 呼吸法をやってみたが、7秒息を止めて8秒かけて吐き出すのが結構しんどかった。慣れてしまえば効果は期待できそうなので、眠れない夜にぜひ試してみてはどうだろうか。

参照元:YouTubeMail OnlineFOX59(英語)
執筆:Nekolas

▼「4-7-8呼吸法」を紹介した動画はこちら