OLYMPUS DIGITAL CAMERA

東京・浅草は、日本の中で最も “日本らしさ” が残る街の1つである。実はそんな浅草に、「お客さんのほとんどがイスラム教徒」というラーメン店があるという。どんなお店なのか? そしてどんなラーメンが出てくるのか? 実際に行って確かめてきたので、写真と合わせてレポートしたい。

そのお店「成田屋」は、浅草寺の西側。浅草西参道商店街の中にある。店構えは、まさに “浅草のラーメン屋さん” といった風情だが、引き戸の部分をよく見ると「HALAL」の文字が。そう、このお店はハラル認証を受けたラーメン店なのだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・ハラル認証とは

ハラルとは、イスラムの世界で合法なこと。つまり、ハラル認証を受けているということは、「ここのお店はイスラムのルールに従って作った料理を提供していますよ」という意味。

イスラムのルールというと、有名なのが「豚肉やアルコールを口にしてはいけない」だが、それ以外にも食材の取り扱いや仕込みの段階で、細かい決まりがあるらしい。そしてそんなルールに沿って作られた料理(ハラルフード)は、イスラム教徒でなくても、もちろん食べることができる。

・豚ではなく鶏

さて、お店に入り食券機を見れば『炙り鶏まぜそば』(700円)、『ざるラーメン』(700円)、『らーめん』(700円)などのメニューが並んでいる。私(筆者)は、そのなかから一番オーソドックスなメニューと思われた『らーめん』をチョイス。

待つこと数分で、待望の料理が運ばれてきた。……その見た目は、一般的な醤油ラーメンとそれほど変わらない。しかし、明らかに違うのは、チャーシューが豚肉ではなく鶏ということだろう。またそれ以外には、ノリ、ネギ、モヤシ、ほうれん草、煮卵、メンマなどが添えられており、麺は平打ちタイプ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スープを一口飲んでみると……優しい鰹節の風味が! これは、日本の昔懐かしいラーメンや! 聞くと、どうやらスープのダシは、主に鰹と昆布から取られているらしい。もちろん、豚骨などは一切使われていない。

そのため、あっさり風味で、「これを嫌いという人は恐らくいないだろう」と思われる味。さっぱりしているが、ダシがしっかり効いており、美味しい。中でも個人的なお気に入りは、炙った(あぶった)鶏。プリッとした食感といい、香ばしさといい、最高だ。 

また美味しいだけでなく、健康に気を使っている人でも安心して食べられそうな点もポイント。

・お客さんの8割はイスラム教徒

あっという間に1杯を平らげ、お店の人にお話を聞くと、「お客さんはイスラム教徒の方が約8割」だという。そして、お店の2階の一部は、お祈りするためのスペースになっているらしい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それにしても、イスラム教徒の方から親しまれているラーメンが、これほど日本人にとっても食べやすいラーメンだなんて……。知らなかった……!

というわけで、あっさり系のラーメンが好きな人はもちろん、今までハラルフードを食べたことがない人は、是非ともこの店に足を運んでみて欲しい。もしあなたが、「ハラルフード = 日本人の味の好みからかけ離れている」「あまり美味しくない」というイメージを持っているとしたら、このラーメンの味に軽いショックを受けるはずだ。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 成田屋
住所 東京都台東区浅草2-7-13
時間 月〜金11:00~22:00 / 土・日曜 8:00~20:00
休日 不定休

Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

▼お店の外観。よく見ると……
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼ハラル認証のマークが! このマークは店内のいたるところにある
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼こちらがハラルラーメン
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼醤油ベースのスープに……
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼平打ちの麺
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼特に炙った鶏は最高!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA▼店内の様子。1階部分
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼英語表記の注意書きが多い
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼こちらは2階。団体のお客さんなどが利用するらしい
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼2階の1部に設けられたお祈りスペース。手前の部分で身を清め、奥で祈りを捧げる
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼天井には、メッカの方向を示す矢印が
OLYMPUS DIGITAL CAMERA