大切な存在を亡くした時、誰もが一度は「奇跡が起きて生き返ってほしい」、そんな非科学的な願望をもつものだろう。死とはそれほどに受け入れがたい深い悲しみであり、今日の科学・医学の目覚ましい進歩を見れば、近い将来生き返りも可能になるのではないかと思ってしまう。

亡くした存在が最愛の我が子ともなれば尚更だ。出来得る限り、考え得る限りの可能性にすがりたいのも察するに余りある。今回のケースはまさにその最たるもの。タイの2歳の女の子の両親は、亡くした娘の遺体を冷凍保存する道を選んだのだ。

・若年者特有の脳腫瘍と診断された2歳の女の子

今回、アメリカの団体「アルコー延命財団」によって冷凍保存されたのは、2015年1月に亡くなったタイの2歳の女の子、マセリンちゃんだ。マセリンちゃんは、2014年4月、原始神経外胚葉性腫瘍(PNET)という悪性の脳腫瘍と診断されて以来、12回に及ぶ手術や化学療法・放射線療法を小さな体で乗り越えてきたのだそう。しかし、その闘病も虚しく、マセリンちゃんは短い生涯に幕を閉じることとなってしまった。

・我が子の遺体の冷凍保存を選んだ両親

そんなマセリンちゃんの遺体を冷凍保存しておけば、将来的に医学の進歩により、マセリンちゃんが再び息を吹き返すことがあるかもしれない。そう信じた両親は、マセリンちゃんとの別れが近い事を察すると、アメリカの「アルコー延命財団」に登録。マセリンちゃんはタイのバンコクで、生命維持装置を切ると同時に冷凍保存の処理が施された。

・最年少・アジアで初の処置

人体冷凍保存の過程はというと、死亡と同時に徐々に体の温度を下げていき、体中の血液を不凍の保存液に置き換え、最終的に液体窒素でマイナス196度に保たれ保管される。マセリンちゃんの両親は、マセリンちゃんの頭部の保存を希望していた。そして胴体は、同じ病気を治す研究に利用してほしいと願っている。

頭部(脳)さえ残れば、いつの日か治療法が確立された頃には、きっと体も用意できる時代になっていて、マセリンちゃんが生き返ることができるかもしれない……そんな可能性に、生きる希望を見いだすしかなかったのだろう。

なお、マセリンちゃんの場合は通常の頭部のみの処置が難しい状態にあったため、タイで一度全身に処置を施した上、最終的にはアルコーの所在地であるアリゾナで頭部のみの処置をなされたとのこと。このことは、同財団にとって最年少かつ、アジアで処置を行った初のケースとなった。

・アルコー延命財団とは

ちなみに、海外サイトによると、アルコー延命財団は会員制で、20万ドル(約2400万円)で全身、8万ドル(約950万円)で頭部のみの冷凍保存を提供しているらしい。そして保存には別途年会費がかかる。

なお、打撃の神様として有名なメジャーリーガー、テッド・ウィリアムズの遺体も同団体に保管されている。その保管を巡っては騒動も起きていたり、そもそもの倫理観を問われたりと、なにかとトラブルもある団体のようだ。

・あくまで冷凍保存と保管を担っているにすぎない

ただし、提供しているのはあくまで冷凍保存のプロセスと保管であり、冷凍保存状態からの蘇生は保証していない。利用者はあくまで未来の技術の進歩を夢見て利用しているのである。まるでSF映画のような話だが、実際にこんなことが行われる時代になったのだ。

ただ、こうして遺体を冷凍保存された人々の蘇生が可能かどうか……そして、いざ蘇生した時に、それを望んでいた肉親は存在しているのか……。これが冷凍保存された故人の本当の幸せなのかどうかは、正直わからない。あくまで遺された者の心の隙間がいくらか埋められるに過ぎない。マセリンちゃんの両親の心の平穏を願うばかりだ。

参照元:Mail OnlineMOTHERBOARDMirror News(英語)、Facebook(タイ語)
執筆:DEBUNEKO

▼こんなに愛されていたマセリンちゃん。小さな体で健気にも闘っていたのだと思うと、ご両親の気持ちもわかる気がする。