1jp

Facebook は、友人や知人と日々の出来事や写真をシェアするだけでなく、人探しにも大いに役立ってくれるソーシャルメディアだ。今までにも、生き別れになった家族や生みの親をFacebookで探し、再会を果たした人々が登場している。

そんななか、生みの親を探していた女性が、「母親と妹が同じ職場の同僚だった」ことを発見したというニュースが話題となっている。4年間も同じ会社で働いていながら、血が繋がっていることを知らなかった母娘についてお伝えしたい。

・実母の名前を知ってFacebookで調べると……

米オハイオ州ヤングスタウンに住む38歳のラソンヤ・ミッチェル=クラークさんは、生まれてすぐに養子に出されたことを知って以来、常に生みの親が誰であるか知りたいと思っていたという。

そして、2015年3月同州の保健医療省が、1964年1月1日から1996年9月18日までに生まれた市民の出世記録を公開したことを機に、彼女は自分の出生記録の送付を要請していたのだ。ついに、同省から待ちに待った書類を受け取った彼女は、自分の実母の名が “フランシーン・シモンズ” だと知り、すぐにFacebookで検索をかけた。

・生みの母親が同じ会社で働いていた!!

すると信じられないことに、ラソンヤさんは、なんと実母が自分と同じテレコミュニケーション会社「InfoCision:インフォシジョン」で働いていることを発見したのである!! フランシーンという女性が会社にいることは以前から知っていたが、特に面識はなかったとのこと。こうして連絡を取り合い、自分が娘であることを伝えたラソンヤさんは、ついに実母と感動の再会を果たすこととなったのだ。

・母だけでなく妹も同僚だった!

フランシーンさんは、14歳でラソンヤさんを妊娠して15歳で出産。自分で育てられなかったため養子に出すしかなかった彼女は、常に養子に出した娘と再会したいと思っていたが、探す術がなかったという。

フランシーンさんには3人の娘がいるため、ラソンヤさんは実母と再会したうえ、一気に3人の異父妹ができたことになる。そして、そのうちの1人も同じ会社に勤務する同僚だったのだ。フランシーンさんとラソンヤさんは母娘であることを知らずに、4年間も同じ会社で働いていたことになる。しかも2人は、6分しか離れていない所に住んでいるご近所さんだったそうだ。

時に、生みの親探しは悲しい結果になることもあるだけに、ラソンヤさんはハッピーエンドを迎えることができて何よりだった。これからも Facebook のおかげで、感動の再会を果たす人達のストーリーが誕生しそうである。

参照元:YouTubeabc NEWSINQUISTRwytv NEWS(英語)
執筆:Nekolas

▼産みの親をFacebookで探したら「母親と妹が同僚」だったというニュース動画はこちら