2015-04-14_151649

日本は他の先進国に比べて、クレジットカードがそれほど浸透していないように思う。特にアメリカはクレジットカード大国で、普段は現金など持ち歩かない人が多く、財布に10枚以上のクレジットカードを持っている人は珍しくない。

そして、多くのクレジットカード会社が、“航空券に交換可能なポイント=マイル” が貯まるマイレージサービスを取り入れているのも特徴的だ。そんなクレジットカードのポイントをためて、タダで旅行しまくるライターの旅ハック術が話題を集めているので、紹介したい。

・21フライトで13カ国を周る3万2000キロの旅が無料!!

21回のフライトで13カ国を周る3万2000キロの距離を、ファーストクラスでしかも全部無料で旅してやろうというのは、ウェブサイト「Think Pregress(シンク・プログレス)」でライターを務めるアメリカ人のスコット・キーズさん28歳だ。

彼は25枚ものクレジットカードを所有しており、カードで貯めたマイルとポイントを駆使して、お金をかけずに旅することを得意としている。またカード会員の特典を利用して、ホテルの宿泊代やスパなどのサービス料金まで浮かせてしまうというのである!

・今回、無料の旅の計画に費やした時間は約半日!

クレジットカードのマイルで彼が旅する今回の目的地は、メキシコとニカラグア、トリニダード島とセントルシアにグレナダ、ドイツとチェコ共和国、ウクライナにブルガリア、ギリシャにマケドニア、リトアニアとフィンランドの13カ国。南米から西インド諸島、ヨーロッパにかけて周る旅は、乗り継ぎ便も合わせた計21フライトで飛ぶ予定だ。

航空運賃は、今までにスコットさんが旅した約22万キロ分のマイレージポイントで、全てまかなわれる。マイルが使えるフライトや航空会社選びなど、今回の無料の旅を全て計画するのに彼が費やした時間は、10~15時間だとのこと。2カ月にわたって13カ国を周る無料の旅をたった半日で計画してしまうとは、かなりの情報通でなければ無理だろう。

・旅上手な彼がコツを教える電子書籍を出版

いつも、お金をかけずに旅行するスコットさんをうらやましく思った友人達から、よくコツを訊ねられるというスコットさん。それをきっかけに、彼は旅ハック術を伝授すべく「How To Fly For Free:タダで飛行機に乗る方法」と「How To Find Cheap Flights:安いフライトを見つける方法」という、2冊の電子書籍まで出版してしまった。

・マイルが使えるフライトに合わせて旅先を変更するのもひとつの手!

スコットさんは、クレジットカードにどれぐらいマイルやポイントが貯まっているか整理して確認できる “Award Wallet:アウォード・ウォレット” というサイトを利用している。また、RSSリーダーやTwitterリストを使って情報を素早く的確に入手したり、格安航空券やお勧めフライトが掲載されるサイト「Airfarewatchdog:エアフェア・ウォッチドッグ」などを頻繁にチェックしているそうだ。

そして、目的地に合わせたフライトを探すのではなく、マイルが使えるフライトに合わせて旅先を変更してしまうのも、安く旅する方法だと彼はアドバイスしている。

航空券が高いと、なかなか旅行しようという気にならないのは確かだ。だが最近は、日本でもクレジットカードにマイレージサービスを組み込む会社も増えているので、旅行が好きな人は、賢く活用すれば安く旅することができるのではないだろうか。

参照元:Instagram @scottmkeyesBusiness InsiderMail OnlineUNILAD(英語)
執筆:Nekolas

▼こちらが、クレジットカードのマイレージサービスで無料で旅しまくるスコットさん’

In a while, crocodile.

A post shared by Scott Keyes (@scottmkeyes) on