20150404122814

ここ数年、各国のLCC(格安航空会社)が次々と日本路線に就航し、海外がますます近くなっている。「今週末ヒマだから海外行こっかな?」なんて旅の仕方も夢じゃないのは、日本のパスポートがあれば多くの国と地域にノービザで行けるからだ!

これは、「目的」「パスポートの残存期間」「滞在期間」など条件を満たす渡航に関して、ビザ申請が不要というもの。日本は172カ国にノービザで行けるけど、それって多いの? 少ないの? その答えは「世界最強パスポートランキング」を見れば一目瞭然だ!

このランキングを発表したのは、コンサルタント会社の「ヘンリー·アンド·パートナーズ」だ。同社が毎年発表しているもので、今回は2014年5月20日時点のデータから導き出されたものだという。

・最強パスポートは174カ国にビザなし渡航可の5カ国!

さて、ランキングによると「世界最強パスポート」は、ビザなしで174カ国に渡航ができる5カ国! フィンランド、ドイツ、スウェーデン、米国、そして英国だ。アジア諸国からは日本のパスポートを羨ましがられることが多いが、世界にはさらに上がいた。

・日本がついにベスト3入り! フランス、韓国と並んで3位

では、我らが日本はどうだったかというと、第3位だ! 日本のパスポートは172カ国にビザなし渡航が可能。過去の調査ではベスト3は北欧を中心とした欧州勢が独占していたが、ついにアジアもベスト3入りだ。ちなみに同じ3位には、韓国、フランス、イタリアなど9カ国が名をつらねているぞ。

・ビザ免除は経済力だけじゃない

トップ10は欧米を中心に日本や韓国、シンガポールなどのアジア勢。ワースト10は、アフガニスタンやイラク、ソマリアなどである。パっと見、経済力に比例していそうだが、実は一概にそうとも言えない。

たとえば、一番わかりやすいのが中国。「GDPはあと10年で米国を追い抜く」とまで言われる経済力を持ちながらも最強パスポートランキングでは83位。下から数えて11番目である。ビザが免除されるかどうかは、国同士の関係、国際社会での立場、また国内情勢が色濃く反映されていると言えるのである。

【世界最強パスポートランキング2015 トップ20】

1位:フィンランド、ドイツ、スウェーデン、アメリカ合衆国、イギリス(174カ国)
2位:デンマーク、カナダ(173カ国)
3位:ベルギー、フランス、イタリア、日本、韓国、ルクセンブルグ、オランダ、ポルトガル、スペイン(172カ国)
4位:オーストリア、アイルランド、ノルウェー(171カ国)
5位:ニュージーランド、シンガポール、スイス(170カ国)
6位:ギリシャ(169カ国)
7位:オーストラリア(168カ国)
8位:マレーシア、マルタ(166カ国)
9位:アイスランド(165カ国)
10位:チェコ、ハンガリー(162カ国)
11位:リヒテンシュタイン、スロバキア(161カ国)
12位:スロベニア(160カ国)
13位:ラトビア(158カ国)
14位:キプロス、エストニア、リトアニア、ポーランド(157カ国)
15位:香港(156カ国)
16位:サンマリノ(151カ国)
17位:アルゼンチン、ブルネイ、モナコ(150カ国)
18位:ブルガリア、チリ(149カ国)
19位:アンドラ、ルーマニア(148カ国)
20位:イスラエル(147カ国)

──以上トップ20

【世界最強パスポートランキング2015 ワースト10】

最下位94位:アフガニスタン(28カ国)
93位:イラク(31カ国)
92位:パキスタン、ソマリア(32カ国)
91位:パレスチナ自治区(35カ国)
90位:ネパール(37カ国)
89位:エリトリア、リビア、スーダン、シリア(38カ国)
88位:エチオピア、レバノン、南スーダン、スリランカ(39カ国)
87位:コンゴ民主共和国、イラン、コソボ(40カ国)
86位:アンゴラ、バングラデシュ、ブルンジ、ジブチ、ミャンマー、北朝鮮(42カ国)
85位:赤道ギニア、イエメン(43カ国)
84位:コンゴ共和国(44カ国)

──以上ワースト10

参照元:Henley and PartnersMail Online(英語)
執筆:沢井メグ
Photo:Rocketnews24