7

今や日本のみならず、世界各地で次々と誕生する『ネコカフェ』。国が違えど、ネコと触れ合いたい人々は大勢いるようだ。しかも今では、「長毛種のみ」「東日本大震災の被災地域で生まれた雑種が集まっている」「黒ネコのみ」など、“専門ネコカフェ” も誕生しているのだとか。

そしてこの度、ネコカフェの進化版とも言える施設が誕生しそうな気配だ……。それは『ネコ映画館』! ネコと戯れながら、お茶を飲み、その上映画が観賞できるだなんて、すぐにでも行きたくなるほど素晴らしい場所ではないか!!

・世界初のネコ映画館を!

この度、ロンドンを拠点に活動を開始した『Great Kitten』。なんでも、世界初のネコ映画館、ネコカフェ、ネコシェルターが合体したプロジェクトを誕生させるべく意欲を燃やしているのである。

立案者であるポーラ・シエドレツカさん(25)とウィリアム・ピッパー(24)さんによると、来客者はお茶を飲みながらネコを愛で、その上映画を鑑賞することができるのだとか。

・地元の保護施設のネコがお手伝い

料金は1時間で5〜6ポンド(約900 〜 1100円)、2時間で8〜10ポンド(約1400 〜 1800円)と想定されているが、ネコとお茶付きの映画でこの料金は良心的だ。また、毎週10本の映画が上映されるということである。

しかも映画鑑賞のお供となってくれるのは、地元の動物保護施設のネコたち。とくに人馴れしていて、大勢人がいるところでも落ち着いていられるネコたちが選ばれるようだ。

・ネコを家族に迎え入れることも可能

う〜ん実現したら、本当に本当に素敵だなあ! しかもこのミッションの一番素晴らしいところは、ネコたちに終の住処を見つけてあげたいという『Great Kitten』を立ち上げた2人の気持ち。そう映画館にいるネコたちを、家族に迎え入れることだってできるのだ! 確かに、動物愛護団体と協力してネコの里親さんを探してくれるネコカフェも存在している。

実はこの案が考えだされたのは、彼らが日本を旅行で訪れて、ネコカフェに行ったときのこと。いくつかの有名なネコカフェを訪ねて、その発想に魅了されてしまったというのだ。

・他にも色々なアイディアが

もちろん映画館で働くネコたちへの配慮だって、ちゃーんと考えられている。多くのネコカフェと同様、眠っているネコを起こしてはダメ、激しいスキンシップはダメなどのルールも設けられる予定だ。“人間立ち入り禁止の部屋” も設置されるので、疲れたニャンコはそこでお休みすることができる。

他にも、子供から大人、障がい者の方々や重い病気を患った人など、幅広い層の人々の参加を呼びかけることで、地域活性化にも繋がるはず。また、アニマルセラピーなども行いたいということだ。

2015年4月現在は、資金と賛同者を集めている最中の本プロジェクト。ネット上でもクラウドファンディングを募る予定なので、応援していきたいものだ。彼らのネコ映画館が無事にオープンした際には、ぜひ訪れてレポートする所存である!

参照元:The TelegraphFacebook(英語)マイナビニュース
執筆:小千谷サチ

▼これが『Great Kitten』のロゴだ。