dokkiri001

「ドッキリ」とひと言で言っても、ライトなものから、ヘビーなものまで様々だ。今回ご紹介するドッキリ企画は、まさにヘビーなやつ。ヘビーの中のヘビー級である。素人が一発喰らったら即死するようなパンチが、次々と繰り出される試合。いや、反則技が繰り出される試合と言うべきか。

というのも、あまりにハードすぎるから。どこか一線を越えてしまった印象さえ受けるのだ。もはや、ドッキリ映像と言うより、犯罪の瞬間映像と言いたいくらいである。その一部始終は、YouTube の動画「Zumbis No Metrô – Câmera Escondida SBT [Subway Zombie Prank]」で確認できるぞ。

・ブラジルで行われたドッキリ企画

問題の企画は、ブラジルのテレビ番組で放送された。場所はブラジルの地下鉄で、動画に収められているターゲットは3組の女性。

その内容をシンプルに説明すると、人気がない地下鉄に乗っている女性に、ゾンビ達が集団で襲いかかるというもの。……言葉にすると簡単だが、なんと えげつないドッキリだろうか。もちろん、ゾンビは人間が扮しているのだが、その作り込み方がハンパではない。

・絶叫するターゲットの女性たち

不幸にもターゲットとなってしまった女性たちは、みな恐怖のあまり絶叫する。特に最後の組にいたっては、ショックで気絶してしまった女性もいたようだ……。

・ネットユーザーの声

この動画を実際に見たネットユーザーが、動画のコメント欄やTwitter などに書き込んだ意見を一部ピックアップすると……

「(ターゲットの)女性はどうなった?」
「彼女は死んだ」
「このドッキリはただ怖いだけだ。1人の女性は気絶までしているではないか」
「これはやり過ぎ」
「残酷すぎる。面白いアイディアだけど、女性たちは本当に怖がっているよ」
「女性たちが心配で全然笑えなかった」
「今日だけでこの動画を10回は見た」
「この動画、好き」

……などなど、面白いという声がある一方で、あまりに過激すぎるため、「やり過ぎだ」との声も散見される。

なお、この動画には上のような否定的な意見も書き込まれているものの、公開からわずか6日で再生回数が900万回を突破。現在世界中で大ヒットしているのだ。

・ヘビーなものがお好きなら……

ちなみに、ロケットニュース24では、過去に「ハチが入った箱をエレベーター内で落とす企画」や、「エレベーター内での下痢ウンコ噴射企画」「内臓が抜かれたと思わせる企画」などのドッキリ動画を取り上げている。これらはいずれもヘビー級のドッキリなので、ハードなものがお好きな読者は合わせてチェックしてみてはいかがだろうか。

参照元:YouTubeMail Online(英語)
執筆:和才雄一郎

▼こちらがそのドッキリ動画