result (1)

故人を悼むために、交流のあった人々が集まるお葬式。集まった人々で思い出などを語り合ったり、悲しみに沈んだ心を整理しながら、死者をあの世へと見送るのだ。

しかしお葬式は、なにも人間のものだけではなく、動物が式に参列することだってあるのだ。というのもこの度、野良イヌたちにエサを与えて、可愛がっていた女性のお葬式にワンコたちが集合したというニュースが話題になっているのである。

・動物たちのお世話をしていた女性

メキシコ、クエルナバカに暮らしていたマルガリータ・スアレスさんは、毎日、家の近くに住む約20匹の野良ネコや野良イヌに、食べ物を与えては面倒をみてきた。しかしこの度、息を引き取り、あの世へと旅立ったスアレスさん。2015年3月15日には、残された家族や友人などが集まって、彼女のお葬式を執り行った。

・女性のお葬式に動物たちも参列

人々が彼女の死に哀悼の意を捧げ、厳かな雰囲気に満ちたお葬式だったが、そこに予想だにしなかった来客が登場する。なんと、スアレスさんが可愛がっていた野良イヌたちも式場にやってきたのだ。

初めは何が何だか分からなかった遺族だったが、「スアレスさんの死を知った野良イヌたちが、お別れを告げにやってきたのではないか……」と思い至り、イヌたちを式場内にいれてやることにしたのだった。

部屋に通された後は、スアレスさんの遺体が入った棺桶の周りに、おとなしく横たわったイヌたち。ちなみに式場は、スアレスさんの家から離れており、式場のスタッフもこれらの野良イヌを初めて見たということだ。

・娘さんが Facebook に写真を投稿

スアレスさんの娘であるパトリシア・ウルティアさんが、イヌたちの集結したお葬式の写真とエピソードを Facebook で公開したところ、「なんて素晴らしい話なんだ!」と切なさに胸を打たれる人々が続出。多くのメディアにも取り上げられ、世界中で報じられた。

写真を見てみると、確かに何匹ものイヌたちが式場内に寝ころんでおり、どことなく悲しそうな表情さえ浮かべている。しかもイヌたちは、出棺の際には人間の列の後に続き、また式場に戻ってきたというのだから、ただの気まぐれではなく、「お別れ」をするためにやってきたと思って間違いなさそうだ。

お葬式は決してウキウキするような場ではないけれど、このように動物たちが集まってくれなんてとっても素敵だ。それもこれも、生前のスアレスさんが、イヌたちにたっぷりと愛を注いでいた証拠なのだろう。

参照元:The DodoMail Online(英語) Facebook(スペイン語)
執筆:小千谷サチ

▼イヌたちに見送られるスアレスさん

▼左がスアレスさんだ