0

2014年9月に発売開始した iPhone6 は、iPhone5 の4インチディスプレイから iPhone6s の4.7インチと 6s Plus の5.5インチへと、大幅に画面サイズがアップした。

それに伴い、ディスプレイ画面が見やすくなったとの声が上がる一方で、「片手で操作しづらくなってしまった」とコメントするユーザーも増えた。そんなユーザーを思ってか、 Apple が2015年後半期に “4インチ画面を搭載した iPhone6c ” をリリースするとの噂が漂っている。もし iPhone6c が発売されれば、初めて同社が、iPhone を同時期に3モデル展開することとなる。

・4インチ画面のiPhone6cが発売か!?

サイズがひと回りが大きくなったことで、手が小さい人にとって片手で操作しにくくなったと言われる iPhone6。

それを反映してかどうかは不明だが、「2015年に Apple は、iPhone 6s と 6s Plus、そして4インチ画面の 6c の3モデルを展開するのでは?」と複数の海外メディアが報じている。さらにサイズだけでなく、Cモデルは価格も少しお手頃になりそうだと伝えられている。

・6cはiPhone5cのようなデザインに?

そして6cは、外側がプラスチック製で、カラーも5色から選べるiPhone5cに類似したデザインになるとの話もある。5cは値段も安価に設定されているだけに、6cが5cを受け継いだようなビジュアルになる可能性はあるが、6cに関する色んな噂が飛び交っているだけに、現段階でハッキリしたことは何も言えない。

・NFC対応で指紋認証機能は全モデルに搭載

2015年にリリースされる全モデルに、耐久性が強い特殊ガラスのゴリラガラスが使用され、6s シリーズはSamsung の「A9」チップ、6c は「A8」チップが搭載されるのだとか。そして近接距離通信のNFC対応で、指紋認証機能はどのモデルにも採用される模様だ。

そして、iPhone 6s PlusとCモデルのディスプレイ画面を製造するのはジャパンディスプレイとシャープ、LGディスプレイの3社という噂。iPhone 6sは、ジャパンディスプレイとLGディスプレイの2社によって生産される見込みだそうだ。

2015年に iPhone6 を買う人には、さらなる選択肢が増えそうである。筆者の iPhone5 は、落としたせいで画面の3分の1がヒビで見えづらくなってしまったため、大きくて見やすい iPhone6 を使っている人を見ると羨ましく思っていた。だが、小さなポケットに収まる iPhone5 のサイズも捨て難いため、もしCモデルが発売されるなら、iPhone6 を購入する際に悩んでしまいそうだ。

参照元:MashableDIGITIMES(英語)、AppleInsiderIT168(中国語)
執筆:Nekolas
Photo:Rocketnews24.

▼こちらはiPhone5c。噂では、iPhone6cは、5cを踏襲したビジュアルになるようだが果たして……?
0