Bx57g3rCQAAb1y1
以前の記事で中国で iPhone6 の密輸事案をご紹介した。その方法はコッソリ船で持ち込んだり体に巻きつけて税関を突破しようとするなどさまざまだ。そんなモンスターと地道に戦い、成果をあげている税関はグッジョブであろう。

だが、きっと皆さんも気になっていると思う。「没収された iPhone はどこへいくのか」と! 先日、中国でも “その答え” が話題に。というのも、2014年9月の発売以来初めて、iPhone6 が税関プレゼンツの公開オークションに出品されたのである!

・ついに iPhone6 が税関オークションに!

今回、オークションにかけられたのは広東省の「江門税関」の没収品である。出品された iPhone6 は、貨物船員が不法に所持していたもので、食品やその他の没収物と共にリスト入りして注目を集めていた。

・えっ、5台だけ?

過去の iPhone 密輸摘発のニュースを見てみると、一度に100台単位で発覚することもあった。今回のオークションでもさぞかし大量に出品されているのだろう……と、思いきや! たったの5台!! 出品されたのはたったの5台だけだった。

・1台あたり約8万3000円で落札

ご存知のとおり中国では iPhone6 は大人気。しかも公開オークションへの初出品ということもあり、多くの人が盛り上がりに期待した。しかし、だがしかし!!

スタート価格・5台で1万8500元(約36万円、1台あたり約7万円)に対し、落札価格は2万1500元(約45万円)。1台あたり4300元(約8万3000円)という決してドラマティックとは言えないリアルな価格でオークションは終了したのだった。

・高かったのか? 安かったのか?

ちなみに中国版の iPhone6 (16GB)は5288元(約10万円)。香港版の同モデルは5588香港ドル(約8万6000円)だ。今回の落札価格は、香港版と比較した場合そう変わらないが、中国版と比べると一番安価なモデルと比べても1000元(約2万円)ほど安い。

ただ、充電器やケーブルなど付属品がついていないので、別途購入が必要だ。全てアップルストアで購入した場合、500元以上(約1万円)する。出品された iPhone の容量にもよるが、メチャクチャお買い得とも言えないだろう。

・売上げは国庫に上納

今回は iPhone6 が初めて出品されて注目を浴びたが、中国では法的に特殊な対処をする必要がない税関没収物は公開オークションにかけられることになっている。なお、これらの税関による公開オークションの売上げは全て国庫に上納されるそうだ。頻繁に各地の税関で密輸事案が発覚している iPhone6 は、今後、出品が増える可能性がある……のだろうか?

ちなみに、中国における税関没収物は、その性質によって処理の仕方が変わるそうだ。たとえば麻薬や拳銃などは専門部門が処理、コピー商品などの違法物は廃棄されるとのことである。

参照元:騰訊新聞同歩推資訊25PP(中国語)
執筆:沢井メグ
Photo:Rocketnews24