map002

世の中には、突飛な行動をする人が少なからずいる。そしてその動機をよく理解できなくても、謎めいたところが、却って世間の注目を集めることもあるものだ。今回取り上げるのは、そんな事件の1つである。

内容を簡単に紹介すると、ある1人の人物が自らプライベートジェットに乗り込み、デカすぎるイチモツを上空から世界中に見せつけたのである。事の顛末(てんまつ)は、実際の画像と合わせて紹介したい。なお、画像は無修正である。

・GPS機能を利用して描いた絵

「そいつは一体何を考えているのか? プライベートジェットを操縦できることだけでなく、そっちのジェットの方も自慢したかったのか?」と憤りを感じる人がいるかもしれないが、これが文句なしのビッグサイズだ。不満を飲み込まざるを得ない大きである。はっきり言って、世界一巨大とも言えるだろう。

というのも……そのアレとは、GPS機能を利用して地図上に描かれたもの。つまり、飛行機の軌道で描かれたイチモツだからである。

・アメリカでのフライト

海外サイトが報じるところによれば、その人物とはアメリカ人のパイロット。彼はフロリダ州のキシミー・ゲートウェイ空港を現地時間の18時45分前に飛び立ち、高度約550メートルを保ったまま南西に進んだところで、右に旋回。

それから “お絵描き” を始め、見事にアレを完成させたそうだ。そしてその飛行機の軌道、つまりアレの絵は航空機レーダー追跡サイト「Flightradar24」に表示されることに。……こうして、世界一巨大なアレが世界中で公開されたのである。

・GPSプロポーズとは雲泥の差

ちなみに、以前ロケットニュース24は「GPSを使ったプロポーズ」を取り上げた。こちらの方は、同じGPS関連のニュースとは思えないほどにロマンティック。まさに雲泥の差である。

そういう点を考えると、今回の件は「同じテクノロジーでも、使い手の品性によって全く違うものが生まれる」ことを示す一つの例とも言えるだろう。

参照元:Twitter @Flightradar24Mail Online(英語)
執筆:和才雄一郎

▼こちらがその画像

▼ちなみに2012年には、TM4つバーション(TM4)も公開されている

▼やはりTMは2つ(TM2)の方がしっくり来る
map002