hizasita

顔と体重は変えられても、身長と声を変えることは簡単ではない。身長154センチの筆者は背が高い女性が羨ましくて、「せめて160センチあったらな」といつも思っている。そんな訳で、たくさん歩く時以外は10センチ以上のヒールをいつも履いているので、今回お伝えする女性のニュースには共感してしまった。

ステージモデルになるには背が少し足りない165センチの女性が、身長を伸ばす手術を受けて、3年後に183センチを目指しているというのだ!

・モデル志望の女性が身長を伸ばす手術を受けることに!

アジアでモデルになるなら165センチはそれ程低い身長ではないが、一般的に平均身長が高い欧米でステージモデルになろうと思えば、やはりハードルは高い。

14歳の頃からモデルになるのが夢だったロシア出身のアレクサンドラ・トランサーさんは、17歳でモデルスクールに入ったが、165センチで身長が止まってしまった。スクールの先生から、「モデルになるには背を伸ばす手術を受けるしかない」と言われた彼女は、意を決して身長を伸ばすイリザロフ手術を受けることにしたのである!

・イリザロフ手術とは!?

それでは、イリザロフ手術で身長を伸ばす過程について説明しよう。まず、人工的に脚の骨を切り、脚の周りに創外固定器を取り付ける。次に、外から創外固定器のネジを回して1日1ミリずつ骨の隙間を広げていくことで、骨の自然治癒力で隙間が修復され骨が伸びて行くというわけだ。

しかし、手術に猛反対だった両親が資金援助をしてくれなかったため、彼女は働きながら手術費用6000ポンド(約110万円)をコツコツと貯めたのだ。

・すでに6センチ身長が伸びた!

1回目の手術を終え、毎日創外固定器のネジを4回まわしていた彼女の身長は、すでに6センチも伸びたという。そして、3年後の2018年までにあと12センチ伸ばして、183センチになることを目標にしている。

・現在30歳だけにモデルになるには遅すぎるのでは……?

しかし、アレクサンドラさんはすでに30歳。モデルになるには、とうの昔に年齢的ピークを過ぎている。それは本人も分かっているようで、「それまでに歳を取りすぎていると言われるでしょう。でも髪をブロンドに染めて、少なくともモデル気分は味わえるはずです」と語り、背を伸ばすことを諦めるつもりはないようだ。

身長が165センチで止まってしまったということは、元々モデルになる運命ではなかったという意味かもしれない。夢を叶える努力は大切だが、現実を受け止めることも時には必要ではないだろうか。

参照元:Mail OnlineMedjcal DailyRAW STORY(英語)
執筆:Nekolas
Photo:Rocketnews24