イタリア・ボローニャ州と友好都市であり、SMAPのメンバーで俳優の稲垣吾郎さんの出身地である東京のベッドタウンといえば、「板橋区」だ。

家賃もそこまで高くなく都心へのアクセスも良好なことから、居住地に板橋区を選ぶ人も多いが、そんな板橋区にも住んで快適な街と、そうでない街が存在する。

今回は、そんな板橋区で「住んだら最高な板橋区の駅ベスト3」と「住んだら最悪な駅ワースト3」をご紹介したいと思う。板橋区に住みたいという人は、ぜひ参考にしてみてほしい。

【住んだら最高な板橋区の駅ベスト3】

3位:志村三丁目駅周辺(都営三田線)
ワンルームでの家賃相場が5.73万円と板橋区のなかでも比較的家賃が安く、近くには「セブンタウン小豆沢」というショッピングモールや、「小豆沢公園」という広い公園もあり住環境はなかなか良い。

近隣の駅では志村坂上や蓮根駅などもあり、少し移動すれば埼京線の北赤羽駅も利用可能。一人暮らしだけでなくファミリーでも住みやすい場所だ。駅がもうちょっとメジャーな路線であれば文句なしの1位である。

2位:小竹向原駅周辺(副都心線など)
ワンルームでの家賃相場は6.66万円とやや高めではあるものの、副都心線の急行が停まるため池袋・新宿・渋谷といったターミナル駅にもアクセスは最高。有楽町線や西武有楽町線も使用可能だ。

近隣には格安スーパー「OKストア」や、深夜まで営業している「まいばすけっと」などのスーパーもあるため、特に一人暮らしにおススメ。マイナスポイントを挙げるとしたら、飲食店が少ないことと坂がやや多いことぐらいか。

1位:東武練馬駅周辺(東武東上線)
ワンルームでの家賃相場は6.69万円ともっとも高いワリに、使用可能な駅は東武東上線の東武練馬駅のみ。だが、ココが1位なのにはハッキリとした理由がある。

駅前にはショッピングセンターのイオン板橋店があり、飲食店も豊富。さらに小中高などの学校も数多く周辺に存在するため、長く暮らす分にも最高の場所だ。また、終電を逃した後の深夜バスが停まるのもありがたい。

マイナスポイントがあるとしたら板橋区なのに東武練馬というけしからん名前を使用していることぐらい。東武練馬駅は誰にでもおススメできる板橋区で住みやすい街ナンバーワンだ。

【住んだら最悪な板橋区の駅ワースト3】

3位:高島平駅周辺(都営三田線)
正直これといって特徴が無く、使用可能な路線も都営三田線だけという微妙すぎる駅。ワンルームの家賃相場が6.95万円と意味不明に高いのもマイナスポイントのひとつだ。

近隣に東武ストアなどのスーパーや、ケーヨーデイツーなどのホームセンターや保育園があるため、あまり電車に乗らない家族ならまだアリかもしれない。

2位:西高島平駅周辺(都営三田線)
家賃相場はワンルーム4.91万円と格安なのだが、板橋区内でもダントツでガラの悪いDQNと呼ばれる人たちが大量に住んでいる。ちなみに記者(私)も周辺で1回物凄い勢いでオラついた黒塗りの外車に煽られて怖い思いをした(笑)。

また、駅周辺に何もないので、買い物も不便。メリットといえば始発駅なので座って通勤や通学ができることぐらいか。

1位:新高島平駅周辺(都営三田線)
たいして高島平と変わらない場所にあるのに、なぜか家賃相場がワンルーム7.25万円と超高い謎の駅。正直ココに住むぐらいなら特別な理由が無い限り埼玉県に住んだ方が良い。

さらにマイナスのポイントとしては、駅周辺の団地付近でDQNにエンカウントする確率がかなり高まるということ。おススメできる要素はほとんど無い。

新しい戸建て住宅が立ち並ぶ住宅街のほうならまだ救いはあるが、悪いことは言わないので他の駅を選ぶことをおススメする。

参考リンク:HOME’S家賃相場情報
執筆:なかの