march

その圧巻のパフォーマンスで今や世界にその名が知られることとなった、米オハイオ州立大学マーチングバンド。

人文字で作られた巨大なマイケルがムーンウォークを魅せる、ハーフタイムショー「マイケル・ジャクソン・トリビュート」は、昨年インターネット上でも大いに話題になったので、ご存知の方もいるのでは?

本日みなさまにご覧いただくのは、そんな彼らの最新ショー。動画サイトYouTubeに投稿されていた、同大学対バージニア工科大学によるフットボール試合のハーフタイムに行われた「TV Land(テレビランド)」です。

巨大な人物が「スケボー」や「サーフィン」をダイナミックに行ったかと思いきや、次の瞬間「バットマン」カーが煙をあげて走り出す。すると今度は巨大な馬が出現、イキイキと走り出すなど、観客を一瞬たりとも飽きさせない演出は見事。「テレビ」をテーマにしているだけに、その内容は実にバラエティーに富んでおりますねぇ。

march2_500

いやはやここまでクオリティーが高いと、「試合を観るためではなくハーフタイムショーを観に来た」なんて方もいたりして? もうね、それだけの価値があると言いきれるほど、彼らのパフォーマンスは芸術的なのですよ。

同動画を観た視聴者の方々からは、「素晴らしい」「大好きな曲ばかり!」「馬、いいわ~」「めっちゃクール」「好き嫌いに関わらず、彼らはリスペクトに値するよね」といった声がずらり。

うんうん、確かにそうよね。個人的には「サーフィン」パフォーマンスで起こった波と、最後に登場するテレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の羽ばたくドラゴンが、秀逸すぎてため息モノでしたわ。まあとにかく観て、スンゴイから。

息をもつかせぬ見せ場の連続、あっという間の9分半を、それではたっぷりとお楽しみくださいませ~!

寄稿:Pouch
参照元:YouTube:Lantern TV

▼ドラゴンが登場するのは7分20秒あたりです☆