YuanEmperorAlbumGenghisPortrait (1)

誰にでも先祖がいてルーツがあるわけだが、自分がどんなバックグラウンドを持っているのか探ってみたいと思ったことがある人はいるだろうか? ちなみに、筆者の4世代前の先祖は地元で名の知られた侍で、めかけが5~6人いたという記録が残っており、自分の先祖がチャラ男だったことにショックを受けた経験がある。

そんな先祖についてだが、ある研究で「8億人以上のアジア人男性が始祖11人の子孫」であるとの説が発表され、海外で話題を呼んでいるのだ。

・アジア人男性の多くが始祖11人の子孫

海外サイトが報じているこの研究は、英レスター大学で遺伝学を教えるマーク・ジョブリング教授が実施したもの。アジアの各地127箇所から集めた男性5321人のY染色体を分析した結果、なんと被験者の37.8パーセントに、11系統のY染色体配列のいずれかが発見されたのである。

性別は、XとYという2つの染色体の組み合わせで特定されるわけだが、XXなら女性、XYなら男性で、Y染色体は男性の遺伝子にしか見られない。

・チンギス・ハンも始祖の遺伝子を受け継いでいる

これは多くの現代人男性が、わずか11人の男性のY染色体を引き継いでいることを意味し、統計的に8億3000万人ものアジア人男性が、特定の男性11人の子孫だと言えるということだ。

この始祖と呼ばれる11系統の遺伝子を受け継いでいる者には、12~13世紀にかけて巨大なモンゴル帝国を築いたチンギス・ハンがおり、男系子孫の数は1600万人に上るとも言われている。また、多くの妻と子供がいた16世紀中国明朝後期の建州女直の部族長、ギオチャンガもその一人で、彼の男系子孫は150万人以上になると考えられている。

・子孫を残す鍵は地位と馬

現在の中国北部からモンゴルに当たる契丹(きたい)と西夏、モンゴル周辺のシルクロード一帯を統治していた有力者が、“始祖” と呼ばれる11人だったが可能性が高いとされている。紀元前2100年~紀元前300年頃、農業を営む定住型民族と遊牧民族の両方に、始祖11人が存在していた可能性があるとのこと。

男性が、多くの子孫を残すためには多くの妻を持たなければならず、そのためには高い地位に就く必要がある。また子孫を残す範囲を広げるには、馬の存在が大きな鍵となったようだ。移動に馬を使った貿易で富を築き、馬を使用した戦術で軍事力をつけることもできるからだ。

・始祖11人の特定にはDNAが必要

11人の1人と考えられてる人物に、10世紀に契丹帝国を建国をした耶律阿保機(やりつあぼき)の名が挙がっている。また耶律阿保機以外には、紀元前700年頃トルコ北部に住んでいた男性と11世紀頃のイラン出身の男性が始祖であるとの説もある。

そして紀元前2100~紀元前1500年頃、現在のミャンマーとラオス、タイとカンボジアへ移動した農業民族のなかにも始祖がいたと推定されているが、特定はできないとのこと。始祖の遺骨からDNAを摂取する必要があるからだ。

・ネットユーザーの反応は!?

“8億人以上のアジア人男性は始祖11人の子孫である” とは何だかすごい説だが、ネットユーザーからも様々なコメントが寄せられているので、いくつかピックアップしてみた。

「だから東洋人は、みんな顔が似てるのね!」
「それじゃ、白人の男系子孫はアダムってことなのか!?」
「チンギス・ハンの父の日のプレゼントの数はすごそうだな」
「世界最大級の帝国を築くいっぽうで、夜もそんなに頑張っていたなんてスゴい男だ!」
「俺はフロリダのクルーズ船でバーテンダーをしていたから、1万人ぐらいの子供のパパかも」

もしかしたら読者のなかにも、始祖11人の子孫がいるかもしれない。

何百年も前の自分のルーツを調べるのは大変だ。だが、曾曾曾おじいちゃんやおばあちゃんぐらいの世代までさかのぼって、先祖がどんな人物だったか調べてみたら新しい発見があるかもしれない。

参照元:Google MapMail OnlineEuropean Journal of Human Genetics(英語)
画像:Wikimedia Commons
執筆:Nekolas

▼アジア一帯の地図