2015-01-30_163052

サバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』から火が付き、世界中でゾンビブームが巻き起こってる。ゾンビは、死者が何らかの要因でよみがえり死体のまま歩き回るわけだが、そんな “ゾンビ・キャット” とも言えるニャンコが登場して話題を集めている。

その猫ちゃんは、交通事故に遭い死亡が確認されて埋葬されたものの、数日後に息を吹き返して墓から這い出てきたというのだ! 言っておくが、『ウォーキング・デッド』の宣伝用に用意されたデッチ上げストーリーではない。

・生き返って墓から這い出した猫

米フロリダ州タンパに住むエリス・ハトソンさんは、白黒のバートという猫を飼っていた。しかし、車にはねれてしまったバートは動物病院に搬送されたものの、獣医によって死亡が確認された。

飼い猫の死があまりにもショックで、自ら埋葬できなかったというエリスさんは友人に頼み、自宅の庭に穴を掘ってバートを埋葬してもらった。ところが埋葬から5日後、なんとバートが隣人の庭にひょっこり姿を現したのである!!

・片目を失ったが、完治が見込まれているバート

まるで、ゾンビのようによみがえった飼い猫の登場に驚いたエリスさんだったが、すぐバートを動物病院へ連れて行った。交通事故による怪我で顔をひどく損傷していた猫は、片目を取り除きアゴの手術を受けることになったものの、手術は無事に成功。近いうちに完治が見込まれている。

・どうやって息を吹き返して、墓から出てきたのかは謎

死亡が確認されたバートが、一体どうやって息を吹き返して墓から這い出てきたのか、獣医も謎だと述べている。バートを見つけた隣人は、「埋葬後に意識を取り戻して、墓から出てきたのでは?」と言い、エリスさんは “兄弟のおかげかもしれない” と語っている。

バートには兄弟がいて、いつも一緒に遊んでいたバートが埋葬された場所を、兄弟が掘り起こした可能性があると飼い主は考えている。あと1週間ほど入院すれば、猫ちゃんは飼い主の元へ帰れるそうだ。

“猫に九生あり” とのことわざがあるが、猫は容易には死なず、9回も生まれ変わることができるという迷信だ。もしかしたらバートは、あと8回は生まれ変われるのかもしれない。

参照元:YouTubeMail OnlineMashableFOX TAMPA BAY(英語)
執筆:Nekolas

▼生き返って、墓から這い出したゾンビ・キャットのニュース動画はこちら