enlarge_breasts_17

女性の「お胸」とは、本来、固形物が食べられない赤ちゃんに栄養を供給するための器官のこと。その役割を果たすのに大きさ特には関係ないとされています。ということは生物として生存していくにあたり、お胸の大小は関係ないはず……しかし、だがしかし!!

人間が文明を得た代償でしょうか。現代社会では大きい方がありがたがられる傾向にあるのは明白です。ということで、今回はそんな現代を生き抜くために、あるライフハックをご紹介。ずばり「1分でAカップのお胸をGカップ級に大きくする方法」、詳細は以下のとおりです。

・ブラジャー3枚とストッキングでGカップに

準備するものは、ストッキングとブラジャー3枚。ブラは、モールドタイプのいわゆるTシャツブラが良さそうです。

まず、1枚目のブラをお胸に装着。さらに上からブラをつけ、ストッキングを脇側に詰め、本物のお胸を胸部の中央部にググっと寄せて谷間を作りましょう。その上からブラを装着し、形を整えれば……あら不思議、Gカップで知られる蒼井そらちゃんレベルのお胸になっちゃいましたよ! ブラジャーをつけるだけなので、1~2分もあれば簡単にできてしまうでしょう。

・スポーツブラでさらなるリアリティ

これだけでも十分ですが、上からさらにスポーツブラを装着し、スポブラの下に付け乳首をつければ、リアリティがアップするとのこと。しかし日本では乳首を透けさせる習慣はないので付け乳首は必要ないかもしれませんね。

・脱ぐとバレるのでご注意を

こうなると、お肉=本物のお胸部分はまさしくTシャツからのぞいている谷間部分のみですね。透視するとエライことになりそうです。脱ぐと完全にバレますが、脱ぐ可能性のない勝負時には、やってみてもいいかもしれません。

ところで、完全に余談ですが、中国の下着屋にいた美人めのお姉さんが言っていたことを思い出しました。「どうせ男は谷間しか見てないんだから、横乳は偽物でもいいのよ!」。ちょっと真理をついていると思いました。 

参照元: Acidcow(英語)
執筆:沢井メグ

▼このライフハックを使えば、小さなお胸も
enlarge_breasts_03
▼こうなって
enlarge_breasts_07
▼こうなっちゃいます、すごいですね
enlarge_breasts_08
▼スポーツブラと付け乳首でリアリティが増すそうですが、日本では付け乳首はトゥーマッチだと言えるでしょう
enlarge_breasts_11