top

2015年、かつてない規模で繰り広げられた「ロケットニュース24・2015福袋特集」。筆者(私)も、こんなにたくさん福袋を買ったのは生まれて初めてだ。そして、冷静になってふと思ったのだ。我々が手にした福袋は、寒風吹きすさぶなか走って並ぶだけの価値はあったのか、と。来年も買った方がいいのか、スルーでOKなのか!? 

ということで今回は、人気のカフェ系福袋にしぼって、入手の難しさを示す「レア度」、「サプライズ度」、「満足度」を主観と客観を織り交ぜて検証。ランキング形式で発表しちゃいたい!

【ロケットニュース的カフェ系福袋ランキング2015】

1位:タリーズコーヒー(3000円)
00b

入っていたもの:コーヒー豆、ドリップバッグ、コーヒーキャンディ、マグカップ、全国で使えるドリンク引換券×5、購入店のみで使えるドリンクチケット×5、ポイントカード(推定約8500円相当)
00bc

レア度:3 ☆☆☆★★
サプライズ度:3 ☆☆☆★★
満足度:5 ☆☆☆☆☆

筆者(私)が購入した福袋は、全国で使える引換券のほかに、一部店舗で行われている購入店でも使えるチケットが入っていたため、超お買い得福袋となった。無駄なモノ入っていないという点でもかなり好感度が高い!

2位:タリーズコーヒー(5000円)

00bb

入っていたもの:コーヒー豆×2、ドリップバッグ、コーヒーキャンディ、マグカップ、全国で使えるドリンク引換券×8、クマのマスコット、ポイントカード(推定約1万円相当)
00bba

レア度:4 ☆☆☆☆★
サプライズ度:3 ☆☆☆★★
満足度:4 ☆☆☆☆★

個人的にはマスコットを持て余してしまったので、満足度が「4」となったが、世間では3000円の福袋同様、いやそれ以上の評価であるようだ。その証拠に、5000円の福袋の方が入手しづらい状況になっている。一部の店舗では予約分だけで完売したそうだ。

手に入れたいという人は事前予約をオススメする。いや、予約必至の福袋である!

3位:英國屋(3000円)

00bd

入っていたもの:コーヒー豆、ブレンドティー、ドリップコーヒー、英國屋ビーフカリー×3、ドリンク引換券×2(推定約5000円相当)
00bda

レア度:3 ☆☆☆★★
サプライズ度:3 ☆☆☆★★
満足度:4 ☆☆☆☆★

カフェの福袋といえばコーヒー豆だが、英國屋の福袋にはなんとカレーと紅茶が入っていた! グッズや福袋限定商品入っていない点、お祭り感はないが、英國屋らしいセレクトではないだろうか。

何気に2014年12月下旬から販売していたので、今年も早めに発売されるかも? スタバやタリーズほど入手困難というわけではないが、正月商戦に巻き込まれる前にスマートにゲットしたい。

4位:上島珈琲(3000円)

00bf

入っていたもの:リユースボトル、コーヒー豆×4、500円分使えるプリペイドカード(推定約4000~5000円相当)
00bfa

レア度:1 ☆★★★★
サプライズ度:2 ☆☆★★★
満足度:4 ☆☆☆☆★

コーヒーに次ぐコーヒー。コーヒーが「これでもか!」というほど入っているのは、さすが天下のUCCグループだ。ただ福袋限定ボトルのクオリティが微妙。トキメキを感じられない。コーヒーだけでもかなりお値打ちなので、個人的には微妙なグッズを入れるよりはその分、豆を増やしてもらえたら嬉しいと思う。

351

5位:ドトールコーヒー(2種)

 
dda

【ドリップカフェセット(1200円)】
入っていたもの:ドリップカフェ4種計25パック(推定約2000円相当)

レア度:2 ☆☆★★★
サプライズ度:1☆ ★★★★
満足度:3 ☆☆☆★★

【ビーンズセット(1200円)】
入っていたもの:コーヒー豆×2(推定約2000相当)

レア度:2 ☆☆★★★
サプライズ度:1☆ ★★★★
満足度:3 ☆☆☆★★

dd

ドトールの福袋にはズバリ「コーヒー」しか入っていない! 例年のことなのでサプライズ感はないが、その分、安心して買えると言えるだろう。比較的入手しやすいのも◎。

6位:スターバックスコーヒー(3500円

00bg

入っていたもの:コーヒー豆、粉末状コーヒー、ステンレスボトル、無料券付のグリーティングカード(推定約8000円相当)
00bga

レア度:5 ☆☆☆☆☆
サプライズ度:3 ☆☆☆★★
満足度:3 ☆☆☆★★

毎年大人気のスタバの福袋、都心部では販売と同時に光の速さで完売すると言われている。

しかし、今年は、グッズが少なかったせいか、レア度が影響したのか、ネットユーザーの評判を見る限り、昨年より満足度が低めだったもよう。スタバへの期待度の高さゆえではないだろうか。ああ、人気者の宿命ですなぁ。

7位:サンマルクカフェ(1000円)

00bh

入っていたもの:お土産チョコクロ×5、コーヒーチケット×5(推定約2500円相当)
00bha

レア度:1 ☆★★★★
サプライズ度:1☆ ★★★★
満足度:3 ☆☆☆★★

サンマルクカフェの福袋も毎年中身は同じだという。なので、何が入っているかわからない「福袋」というより「チョコクロ5個買ったら、コーヒーチケットもらっちゃったラッキー♪」という感覚に近いのではないだろうか?

8位:カフェ・ド・クリエ(3000円)

00be

入っていたもの:コーヒー豆、はちみつピーチティー、ステンレスタンブラー、ドリンク引換券、ドリンクチケット×5枚、携帯用コーヒードリッパー(推定約6000円相当)
00bea

レア度:2 ☆☆★★★
サプライズ度:2 ☆☆★★★
満足度:2 ☆☆★★★

改めて調べてみると、タンブラー1つで2000円であることが判明。総額も6000円に迫る勢いと見られ、金銭的な価値は十分にある福袋であるようだ。ただし、ドリンクチケットが購入店のみでしか使えない。

出先でカフェを利用する私にとっては不便だったので満足度は低め。同一店舗に通える人向けの福袋と言える。

―以上である!

あくまでこれは客観と主観、独断と偏見による評価であり、実際のところは普段どこをよく使うか、どのカフェのファンかによってピッタリな福袋は変わってくるだろう。

・オススメを挙げるなら

だが、あえて個人的に言うなら、「純粋にコーヒーをお買い得に買いたい!」という人には、『上島珈琲』、『ドトール』あたりがオススメ。「福袋のワクワク感を味わいつつ、オリジナルグッズもコーヒーも両方ほしい」という人なら『タリーズコーヒー』を勧めたい。

はたして来年のカフェ系福袋はどうなるのだろうか? 皆さんには、どうか我々の屍(しかばね)を踏み越えて、来年の福袋商戦に臨んでいただきたい!

執筆:沢井メグ
Photo:Rocketnews24
こちらもどうぞ → 「2015福袋特集