2014-12-01_222906

年齢を重ねても20代と見まごうほど瑞々しい女性のことを「美魔女」と呼ぶが、その「美魔女」をも超越した、言うならば「女神」に注目が集まっている。

その女神の名は「リン・チーリン(林志玲)」さん、40歳。もう一度言う、「リン・チーリン」さん、40歳である。

・台湾No.1モデル「リン・チーリン」さん

リン・チーリンさんは、よく「台湾ナンバーワン・モデル」と称されるが、女優としても活躍中。映画『レッドクリフ』のヒロイン・小喬を演じていたのを覚えている人もいるだろう。

そんな彼女が2014年11月29日に、めでたく40歳の誕生日を迎えた。近況の写真を見てみると……マジかよ!? マジで40歳!? 間違いなく美人。大人の女性ならではの知的さを兼ね備えつつも、少女のような透明感。これは「美魔女」という言葉では語りつくせない。思わず「女神や」と言いたくなるほどである!

・37歳のときのCMが「セクシーすぎる」と放送禁止に

リン・チーリンさんは「少女にしか見えない」と言われることも多いが、その一方で妖艶な魅力を持つという一面もあるようだ。

たとえば、37歳のときに中国大陸で放送されたCMが「セクシーすぎる」と放送禁止になったことは有名。そのほか、中国の小学生から「リン・チーリンの看板を見ていると悶々として勉強に集中できません」というクレームが入ったこともあったそうだ。親子ほどの年齢差をも軽々と越えてしまうとは、さすがである。

・20歳の積極性、30歳の若々しさ、40歳の知恵

美貌だけでも感動モノだが、リン・チーリンさんは誕生日に、中国版TwitterことWeiboで以下のようなコメントをし、さらに感動を呼んでいるそうだ。

「今の私たちは、10歳の純真さ、20歳の積極的で楽観的な心、30歳の若々しい魅力、40歳の知恵を持っています。人生は、どの段階でも本当はとても良いものです!」

なるほど、確かに17年前の写真と言われる画像と比較すると、もちろん20代の彼女もキレイだが、最近の方がより美しさに磨きがかかっているようだ。

近年では、私財を投じて子供たちのための基金を設立するなど、積極的にチャリティー活動も行なうリン・チーリンさん。彼女の美しさは、整った顔立ちだけからくるのではない。内面がにじみ出たものに違いない!!

参照元:Sina Weibo@林志玲YouTube台北市志玲姉姉慈善基金会(中国語)
執筆:沢井メグ

▼ニュース動画

▼こちらは「台北市志玲姉姉慈善基金会」のチャリティカレンダー発売の予告動画、話し方もとても素敵なのだ

▼カレンダーの表紙




▼チーリンお姉さんと子供たち

▼美しく、賢く、心優しいとは「女神」なわけである

▼こちらは2014年10月に福岡で行なわれたイベント「台湾エクセレンス」の映像だ

▼日本語も解するという才媛ぶり

▼最近流出したという17年前の画像を報じるニュース動画

▼2013年に公開された台湾観光局のCMも話題になった