daily_picdump_1675_640_37

写真はその場の一瞬を切り取るため、できることなら自分の一番キマった姿で写りたいものだ。それだけに個人個人でお気に入りの角度、顔の表情があり、特に女性は「角度」に敏感な人が多いことだろう。

ということで今回は、そんな角度にこだわる理由が一発でわかる写真をご紹介したい。カメラに収まる上でもっともいい角度とされている「左ナナメ45度」と、絶望的な角度から撮影した写真はどう違うのだろうか。

写真は左に「左ナナメ45度」、右に「真下のアングル」から撮影した女性が写っている。左はミスユニバースに選ばれてもおかしくないくらいの美貌、一方の右は二重アゴでかなりのパンチ力のある表情をした女性だ。

左が元からきれいすぎて参考にならないと思うかもしれないが、実はこの二人は同一人物。ただ単にカメラアングルを変えて撮影しただけで、こんなにもブスになってしまったのである!

それでも信用できないという人はアングルひとつで超絶美女が超絶ブスになる衝撃映像を確認してみよう。ちなみに下から写真を撮ると、顔の写りと引き換えに足が長く見えるという利点は一応ある。自分のベストアングルを探しておいて損はないぞ!

参照元:Izismile(英語)
執筆:原田たかし

daily_picdump_1675_640_37