1jp

曲が “売れるか売れないか” の明暗を分けているのは、やはりメロディーだろう。曲がキャッチーで覚えやすければ、それだけ印象に残ってヒットにつながりやすくなる。

そこで、ある研究チームが “最もキャッチーな曲は何なのか?” 調査を行い、トップ10を発表したので紹介したい。誰でも知ってる曲から意外なものまでランクインしているぞ! 栄誉ある1位に輝いたのは一体どの曲なのだろうか!?

・ヒットソング1000曲をランダムにかけて実験

オランダのアムステル大学のジョン・アシュリー・バーゴイン教授が、英マンチェスター大学の協力を得て、“最もキャッチーな曲” を調査した。研究チームは、1940年代から現在に至るヒットソング1000曲をランダムにかける「Hooked on Music」というオンラインゲームを開発。被験者1万2000人が、「Hooked on Music」でかかった曲を何秒で当てることができるか実験を行い、一番キャッチーな曲が選出された。

・1位はスパイスガールズの「Wannabe」!!

その結果、栄誉ある1位に輝いたのは、1996年のモンスター・メガヒットとなったスパイスガールズの「Wannabe」だ! スパイスガールズは、元サッカー選手デビッド・ベッカム夫人のヴィクトリアが在籍していたグループとしても有名である。

被験者は、平均2.29秒という速さで「Wannabe」を当てていたことが判明。確かにこの曲のサビ部分は、一度聞いたら耳から離れないのは確かである。それではトップ10の全てを見てみよう。

1位:Spice Girls / スパイス・ガールズ – 「Wannabe」
2位:Lou Bega / ルー・ベガ – 「Mambo No.5」
3位:Survivor / サバイバー – 「Eye Of The Tiger」
4位:Lady Gaga / レディー・ガガ – 「Just Dance」
5位:ABBA / アバ – 「SOS」
6位:Roy Orbison / ロイ・オービソン – 「Pretty Woman」
7位:Michael Jackson / マイケル・ジャクソン – 「Beat It」
8位:Whitney Houston / ホイットニー・ヒューストン – 「I Will Always Love You」
9位:The Human League / ヒューマン・リーグ – 「Don’t You Want Me」
10位:Aerosmith / エアロスミス – 「I Don’t Want To Miss A Thing」

2位の「Mambo No.5」は平均2.48秒、3位の「Eye Of The Tiger」は平均2.62秒との結果だった。

・ターゲットが若年層に絞られ正確性に欠ける!?

5位のアバの曲が「Dancing Queen」ではなく「SOS」がランクインして、7位のマイケルも「スリラー」以外の曲だったのは少し意外だ。とはいえ日本人でも、おそらくトップ10のほとんどの曲を耳にしたことがあるのではないだろうか。

しかし、今回の調査はオンラインゲームが元になっているだけに、ターゲットが若年層に絞られている可能性が高いとのこと。そのため、彼らが子供時代によく聞いたスパイスガールズの大ヒット曲が1位に輝いたことも考えられ、正確性に欠けるとの声もある。

・以前の研究では Queen の曲が選ばれる

それを裏付けるかのように、以前ロンドン大学が行った調査では、Queen(クイーン)の “We Are the Champions” が最もキャッチーな曲に選ばれている。

トップ10の9位にメジャーとは言いがたいヒューマン・リーグがランクインしていたり、両研究で1位に輝いたのがイギリスのアーティストであることから、研究地のお国柄が反映されている可能性もある。アメリカやオーストラリアで同じ実験を行ったら、また違う結果が出てくるかもしれない。

参照元:YouTubeMashableBBCGoldsumiths Universtiy of London(英語)
執筆:Nekolas

▼1位のスパイスガールズ「Wannabe」のミュージックビデオはこちら

▼2位「Mambo No.5」

▼3位は映画『ロッキー』のお馴じみテーマソング「Eye Of The Tiger」

▼4位のレディー・ガガ「Just Dance」

▼5位ABBA 「SOS」

▼6位も映画から! ロイ・オービソン「Pretty Woman」

▼7位マイケルジャクソン「ビート・イット」

▼8位はホイットニー・ヒューストン 「I Will Always Love You」、映画『ボディガード』の主題歌だ

▼9位ヒューマン・リーグ「Don’t You Want Me」

▼10位はエアロスミス「I Don’t Want To Miss A Thing」、