2jp

「オクラと大麻の類似点は!?」と聞かれて、即答できる人はあまりいないだろう。オクラ栽培でもしなければ見る機会があまりないと思うが、オクラと大麻の葉はかなり似ているのだ。葉の枚数はオクラが5枚で大麻は7枚と違うものの、見た目は酷似している。

そのため、麻薬捜査部隊が大麻を栽培していると勘違いして、なんとオクラを育てている一般家庭にガサ入れ騒動が起こっていたというのだ。

・オクラ栽培をしている一般家庭に警察の手入れが!

事件が起きたのは、ソウルフードが人気の米ジョージア州のカータースビル。アメリカ南部ではフライにしたりスープに入れたり、ソウルフードにオクラがふんだんに使われることで知られている。

そんなオクラを家庭菜園で育てているドウェイン・ペリーさんが、自宅の頭上で “物々しくヘリコプターが旋回しているな” と思っていると、彼の家に捜索犬を引き連れた機動部隊が突然現れたのだ。

・大麻ではなくオクラだった!!

州知事の指示で送り出された機動部隊は薬物取締りのため、違法に自家製大麻を栽培している家屋を探していたのである。しかし、ドウェインさん宅で栽培しているのは大麻ではなくオクラである。そして捜査により間違いが判明し、機動部隊はとんだ赤っ恥をかく結果になってしまった。

・オクラの葉は5枚で大麻は7枚だ!

なんでも上空から調査を行った際、ドウェインさん宅の裏庭に栽培されているオクラと大麻を見間違えてしまったというのだ。機動部隊を率いたカーミット・ストークス隊長は、「オクラと大麻は、多くの特徴が似通っていました」と釈明している。

これに対しドウェインさんは、“オクラの葉は5枚で大麻は7枚です。こんな間違いは起こるべきではありません!” と非難している。 

・隣人の誤解を招くのではと心配するドウェインさん 

勘違いが判明したその場で警察は彼に謝罪したが、ドウェインさん宅を包囲していたパトカーのせいで、地域住民から妙な誤解を招くのではと彼は心配しているそうだ。

ちなみに筆者の実家は、家庭菜園でオクラを栽培しているのでオクラの葉を見たことがあるが、確かに遠目から見たら大麻に見えなくもない。だが麻薬捜査部隊はその道のプロなので、こんな基本的な間違いを起こすべきではないだろう。

参照元:YouTubeWSB-TV AtlantaThe Independentajc.com(英語)
執筆:Nekolas

▼オクラを大麻と間違えて、警察が一般家庭に手入れを入れたニュース動画はこちら

▼葉の枚数は違うが、確かに見た目は酷使している
2jp