higesori

現在開催中のアジア大会2014韓国仁川。アスリートの活躍をテレビで観ている人も多いはずである。アスリートとは、競技で勝つために己の肉体の限界に挑み、日夜たゆまぬ努力を重ねる挑戦者たちである。そのアスリートが本気でヒゲ剃りをしたら、どうなるのか?

この疑問に答えるべく、電気シェーバーのメーカーフィリップスが大胆な企画を開始した。それは究極のシェービングを競う「エクストリームシェービングトーナメント」である。これに優勝するとなんと宇宙空間でヒゲ剃り体験をすることになるそうだ! チャレンジャーはいずれも実力者揃いで、なかでもエアロビックスジムナスティクス植松雄太氏の動きがキレッキレでハンパないッ!!

・究極のシェービング動画

この挑戦は、同社がフラッグシップモデル「9000シリーズ」の発売を記念して行われているものだ。2014年9月19日により、3人のアスリートによる究極のシェービング動画が公開され、人気投票が行われている。今回挑戦する3人のアスリートは次のメンバーだ。

・究極のシェービングに挑戦する3人

日本のBMX第一人者 田中光太郎
2013年スラックラインワールドカップ優勝者 大杉徹
エアロビックスジムナスティクス国際大会入賞者 植松雄太

・投票は2回に分けて行われる

3人がそれぞれの競技に挑みながら、ヒゲ剃りを行う。それがエクストリームシェービングである。投票期間は2回に分けられており、1回目は今回紹介した3人のうちの1人が10月24日までの投票期間により選出されることになる。10月31日~12月5日の投票期間に、新たな3人が紹介されこのうちから1人が選出。最終的に1回目と2回目の勝者が決勝戦投票に進み、優勝者は宇宙空間へと飛び立つことなる。

・マジで宇宙へ行くぞ!

ちなみに宇宙へは、X CORテクノロジー社が開発中の宇宙船で行くことになるそうだ。あえて言おう、ヒゲを剃るために宇宙に行く必要があるのか!? たしかに究極ではあるものの、そこまでする必要はないように思うのだが……。

・シェーバーの密着もすごい!

着目すべきはもちろん、アクロバティックなアスリートたちのパフォーマンスなのだが、もうひとつ良く見て頂きたい点がある。彼らが激しく動いているにも関わらず、しっかりとヒゲを剃ることができるシェーバーにも驚きだ。シェーバーが顔にしっかり密着しているからこそ、アスリートのパフォーマンスについて行けるのではないだろうか。

・二度見のエアロビヒゲ剃り

なお、私(記者)が見る限り、もっとも票を集めそうなのは、エアロビックスジムナスティクス植松氏である。彼の演技のキレはハンパではない! しかも笑顔が爽やかッ!! あまりのシュールさに思わず二度見してしまう。いまだかつて、これほど爽やかにヒゲ剃りをする男がいただろうか? 勝利の行方が気になるところである。

参考リンク:フィリップス「Extreme Shaving Tournament」
参照元:YouTube
[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]

提供:フィリップス

▼日本のBMX第一人者 田中光太郎

▼エアロビックスジムナスティクス国際大会入賞者 植松雄太

▼2013年スラックラインワールドカップ優勝者 大杉徹

[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]