2m

みなさんは、韓国のネット上で密かに広まる「ゴキブリパック」を知っているだろうか? その名の通り、あのゴキブリで作ったフェイスパックのことである。

黒光りするボディー、細く長く伸びた触覚、異様に速い足……害虫の中でも特に嫌われ者のゴキブリ、それを大胆にもフェイスパックとして「顔面」に塗ってしまうという。本当にそんなものが韓国にあるのだろうか。半信半疑になっていたところ、韓国にはちゃんと愛用している人がいることが分かった。

・ゴキブリパックとは!?

韓国でゴキブリパックが話題になったのは2006年のこと。「skywalk」というネットユーザーが、コミュニティーサイト「DCインサイド」にゴキブリパックの動画を掲載し、初めてその存在が明らかになった。

そこには説明文も添えられており「ゴキブリの外皮には、β-N-アセチルグルコサミンのキチンという多糖類を含んでおり、キチン質には水溶性のコラーゲンが入っている」などと専門用語を用いながら、美肌効果があると主張している。

・ゴキブリとヨーグルトで製造

動画はとにかく衝撃的だ。白衣姿の女性がゴキブリ10匹ほどをミキサーですりつぶし、そこにヨーグルトを投入。緑色のペースト状になったところで、それを女性の顔に塗っていく。顔に塗られた緑色のパックには、ところどころにゴキブリの足のようなものが見える。おぞましすぎて、動画から目を逸らしたくなる。どんなに肌がきれいになろうとも、これだけは絶対に手を出したくないと思わせる映像だ。

・韓国のネット上では都市伝説化

韓国の大手メディア「ハンギョレ」は当時、この動画を「信じるか信じないかは自由」としながら、ネット上の話題として紹介している。ただ、韓国のネットユーザーたちは「ゴキブリとヨーグルトを混ぜても緑色にはならないはず」「ゴキブリの足だけ付けたんだろう」などと動画の内容を疑う人の方が多いようだ。

・嘘だと思ったら実際にあった! 愛用する夫婦も存在

実のところ、この動画以外にゴキブリパックに関する詳しい資料はないのだが、2014年4月1日、それが紛れもない事実であることがバラエティ番組「夫婦識別ショー、リアリー?」によって判明した。

この日、番組に登場した夫婦は、「美肌」に執着する夫と、それをサポートする妻だった。夫は、さまざまなフェイスパックを愛用しているのだが、その中にはゴキブリを使ったゴキブリパックもあるという。夫はテレビでは「米国産のゴキブリを使います。1匹あたり1500ウォン(約154円)ほど。中国では美白効果があるパックとして有名みたいですよ」と話している。

1回のパックでゴキブリ10匹ほどを使うとなると、たいだい15000ウォン(約1500円)ほどかかることになる。ハンドメイドのパックとしては、かなり高額ではないだろうか? テレビには、妻が手慣れた手つきで、夫のためにゴキブリをミキサーでつぶしていく姿が流れた。

・「韓流」への影響を気にする韓国メディア

この番組の内容が、日本のメディアでも紹介されたところ、韓国メディアがすぐに反応。「日本のメディアが韓国のあら探しをしている」「韓国人の一般的な美容法として認識される可能性がある」とし、日本のネット上で広まるゴキブリパックに懸念を示した。

テレビやメディアで紹介され、改めて注目を浴びるゴキブリパック。最近、日本の女性たちの間では韓国コスメが人気を集めているが、さすがにこれは流行らないよねえ?

参照元:YouTubeスポーツ東亜ハンギョレ21TVレポートCOS’INニュース(韓国語)
執筆:レイチェル

▼ゴキブリパックを愛用する夫妻
4

▼夫のために台所でゴキブリパック製造中
1

以下、モザイクなしの画像もあるので閲覧注意!!


▼家庭用ミキサーでゴキを粉砕
2

▼カサカサカサカサ…
3

▼番組司会者が実際に体験
5

2006年に話題になったゴキブリパックの動画。閲覧注意!!
















a